メイン » » » 池田 宏
いけだ ひろし

池田 宏

いけだ ひろし

1881.7(明治14)〜 1939.1.7(昭和14)

明治・大正・昭和期の
内務官僚(都市計画)、県知事

埋葬場所: 2区 1種 2側 5番

 静岡県出身。官僚の池田忠一(同墓)の長男。弟は最高裁判所判事の池田克(1893-1977)。
 1905(M38)京都帝国大学法科法律学科を卒業、文官高等試験に合格する。内務省に出仕し、地方庁の事務官として勤務。 その後、奈良・神奈川・三重など各県の事務官を経て、'11本省にかえって土木局道路課長となる。 '13〜'14(T2〜3)ヨーロッパに遊学し、ロンドンの国際道路会議に出席。帰国後は港湾課長、道路課長。
 '17「都市研究会」が後藤新平を会長として発足し運営にあたり、'18内務監察官と兼務する形で、新設された都市計画課長に就任。 構成メンバーのリーダー格として道路都市計画等法制の調査立案を行い、'19我が国初の都市計画法(法律第36号)を起草した。 なお、メンバーの笠原敏郎(20-1-52)、佐野利器、内田祥三らは市街地建築物法の起草を行った。
 '20(T9)社会局初代局長に就任するも、後藤新平が東京市長に就任した際に、永田秀次郎、前田多聞(16-1-3-7)、と共に招かれ東京市助役に転出。 池田・永田・前田の名前に「田」がつく3人の補佐役を「畳屋(たたみや)」と呼ばれる。これは、畳の旧字体「疊」は田が3つ重なっていることからである。 また、この3人に後藤と電気局長の長尾半平(6-1-5-8)を入れ、世に「三田二平」の新市政と呼ばれる。 助役時代は、後藤の東京市政要綱(8億円計画)を立案した。'22財団法人東京市政調査会設立にあたり理事。 '23関東大震災後は、後藤率いる帝都復興院計画局長として復興計画・事業に尽力。他に箱根の造林、農業基盤整備なども手がけた。
 '24.12.15〜'26.9.28(T13〜T15)第15代京都府知事(在任:約1年9ヶ月)に就任。 次いで、'26.9.28〜'29.7.5(T15〜S4)第27代神奈川県知事(在任:約2年10ヶ月)に就任。 当時大正天皇は体調がすこぶる悪く、葉山のご用邸で療養することとなり、神奈川県での池田の最初の仕事は名誉ある陛下の看護であった。 しかし毎日現地の警護所で寝泊まりしその任に務めるも、就任の年12月25日崩御された。'28(S3)関東大震災で焼失した神奈川県庁舎を公募により再建した。'29(S4)退官。
 その後、専修大学・大阪商大・京都大学で教鞭をとる一方、国粋主義者として多方面に論陣を張った。 また、都市調査会の機関紙『都市公論』、東京市政調査会の機関紙『都市問題』などを通し、都市問題や都市計画全般の研究、評論を行った。 東京市改正委員会幹事、京都・大阪・横浜・神戸・名古屋の市区改正委員会委員、都市計画中央委員会および地方委員会委員を務めた。 正4位 勲3等。享年57歳。妻の民子の父は京都府知事・皇后宮大夫・男爵の大森鍾一の娘。

<日本歴代知事総覧など>


*墓所正面は「池田氏墓」。左側に墓誌。墓誌には享年59歳と刻む。戒名は大池院宏誉白水無辺居士。墓所と同じ側、正面門方面に「池田宏記念碑」が建つ。

*池田宏の墓所の隣りは中川望の墓所である。双方の妻は男爵の大森鍾一の娘であり、姉妹である。


【神奈川県庁本庁舎】
 1923(T12)関東大震災で前県庁舎が焼失したため、'28(S3)神奈川県知事であった池田宏の呼びかけで竣工された。 設計は公募をし、小尾嘉郎(2-2-6)の設計案が当選された。
 耐震構造学の権威でもあり、また都市研究会で同じメンバーでもあった佐野利器を顧問に迎え、神奈川県内務部により実施された。 施工は大林組。構造は鉄骨鉄筋コンクリート造5階建て(地下1階、塔屋付)。昭和初期に流行した帝冠様式の先駆けとなった。 外壁はスクラッチタイル貼り。
 中央の高塔が特徴であり、「キングの塔」の愛称でも呼ばれている。なお、同じ関内にある横浜税関本関庁舎(クイーンの塔)、 横浜市開港記念会館(ジャックの塔)と、3塔は神奈川県のシンボルとして現在に至る。 '96.12.20(H8)国・登録有形文化財。住所:神奈川県横浜市中区日本大通1。

神奈川県庁本庁舎

*設計をした小尾嘉郎の墓はキング塔そのものである。

*クイーン塔に関しては金子隆三のページを参照。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。