メイン » » » 金子隆三
かねこ りゅうぞう

金子隆三

かねこ りゅうぞう

1886.1.28(明治19)〜 1979.1.14(昭和54)

大正・昭和期の大蔵官僚、クィーン塔の生みの親

埋葬場所: 10区 1種 10側

 北海道出身。父は小樽の漁業家・貴族院議員を務めた金子元三郎(同墓)。
 1911.7(M44)東京帝国大学法科大学政治科卒業後、税務監督局属として宇都宮税務監督局に勤める。同.11文官高等試験合格。'12.10(T1)東京税務監督局属 兼 大蔵属として主税局に勤める。 '14.11司税局の品川税務署長、'15.8永代橋税務署長、'17.3税関副事務官として大阪税関監視部長 兼 総務課長となる。'18.11税関事務官として大阪税関監視部長 兼 総務課長。 '20.2〜'21.7英国留学、'21.11大蔵事務官として主税局、'23.6〜'24.12大蔵書記官を兼務、'27.5(S2)大蔵事務官 兼 大蔵書記官として預金部監理課長、'29.7預金部運用課長、大蔵書記官を歴任した。
 '32.1(S7)第22代 横浜税関長に就任。関東大震災で倒壊したままであった横浜税関を建設を指示。建物はイスラムのモスク風であり、クィーン塔として現存している。 '34.12.26預金部長。'36.8.14辞職した。退官後は、朝鮮殖産銀行理事となり、'40.8〜'45.9朝鮮殖産銀行副頭取を務めた。


墓誌

*墓石は和型「金子家之墓」。墓誌がある。


【クイーン塔】
 “クイーン”塔とは横浜税関の別称である。神奈川県庁の“キング塔”、横浜市開港記念会館の“ジャック塔”をあわせて、「横浜三塔」と呼ばれ、横浜港のシンボルとして親しまれている。
 関東大震災で税関庁舎が倒壊し、その後、財政難のため税関は平屋のバラック建であった。1932(S7)金子隆三が横浜税関長に着任。当時の大蔵大臣であった高橋是清(8-1-2-16)が「失業者救済のために土木事業を起こすべきである」と発言したことを受け、失業者救済のために、横浜税関庁舎建設に乗り出した。'34.3(S9)竣工。設計者は大蔵省の建築局技師であり国会議事堂を設計した吉武東里とされる。
 設計図を見た金子は当初の予定であった塔の高さ47メートルを、「日本の表玄関たる国際港横浜の税関の庁舎とするなら高くしよう」と言及し、神奈川県庁の49メートル、横浜開港記念会館の36メートルを上回る51メートルにて完成した。税関庁舎としては3代目となる。
 優美で気品がある緑青のドームが特徴で、西欧建築様式が混在し、それをベージュ色の磁器タイルが覆う。入口の半円形のアーチの造形はロマネスク様式の基本要素であり、現在も残る正面玄関の表札は高橋是清の直筆で「横濱税関」と書かれている。 終戦後は一時、連合軍総司令部に接収され、税関長室は司令長官のマッカーサー元帥が使用したといわれる。現在の館内は密輸品、偽ブランド品などが展示されている。

クイーン塔:遠景 クイーン塔:近景
クイーン塔(横浜税関)

クイーン塔:玄関 クイーン塔:表札
横浜税関(クイーン塔)

ジャック塔:横浜市開港記念会館
ジャック塔(横浜市開港記念会館)

キング塔:神奈川県庁 キング塔:神奈川県庁
キング塔(神奈川県庁)


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。