メイン » » » 小尾嘉郎
おび かろう

小尾嘉郎

おび かろう

1898.5.20(明治31)〜 1974.12.8(昭和49)

大正・昭和期の建築技手

埋葬場所: 2区 2種 6側

 山梨県北巨摩甲村字五町田(現・高根町)出身。父が相場に失敗し財産を失う。1918(T7)名古屋高等工業建築科に第14期生として入学。 この時の建築科長は夏目漱石の義弟としても知られる鈴木禎次(雑司が谷にある漱石の墓石は鈴木のデザイン)である。 嘉郎は鈴木の助手として松坂屋の設計を数多く手がけた。21卒業し、東京市電気局工務課に勤務。 住宅の懸賞設計にこつこつと応募し、そして26に、震災で焼失した庁舎を再建するための神奈川県庁舎懸賞設計競技に応募し、一等(賞金五千円)に当選した(発表は6月)。審査委員長は佐野利器。当時の神奈川県知事は池田宏(2-1-2-5)であった。
 また軍人会館(現在の九段会館)建築設計案懸賞募集に応募し、佳作に入選(賞金500円)。27長男の欣一誕生。 後の東京工業大学名誉教授・日本女子大学教授(物理化学)である。42から戦後GHQにより解散命令を受けるまで、日本住宅営団東京支所第三課長を勤め、49まで東京復興産業(株)建築部長、その後小尾建築工務所を開設。 この頃のもので現存が確認されている建物は、唯一甲府市丸の内の舞鶴城内にある恩賜林記念館(昭和28年)。


*墓石は自ら神奈川県庁舎を模してデザインした墓標。昭和8年建立。右面に小尾嘉郎の名が刻む。


《神奈川県庁本庁舎》
神奈川県横浜市中区日本大通1
昭和3年完成
施行:大林組 鉄骨鉄筋
コンクリート造り5階建て地下1階公募による東京市の技手、小尾嘉郎の設計案をもとにした。 基本的にはクラシック様式を踏まえているが、定冠様式と呼ばれる日本的意匠を加味した公共建築の先駆けとなった。 キングの塔。

神奈川県庁本庁舎


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。