メイン » » » 前田多門
まえだ たもん

前田多門

まえだ たもん

1884.5.11(明治17)〜 1962.6.4(昭和37)

昭和期の政治家

埋葬場所: 16区 1種 3側 7番

 大阪府出身。裕福な商家に生まれる(後没落し、多門が給料の半分を仕送りすることとなる)。 東京帝国大学卒業。内務省に入り、エリート官僚として外国との折衝を始めとした役職を歴任。'20(T9)東京市助役となる。 '23国際連盟の外郭団体ILO(国際労働機関)の日本政府代表に任命されて、スイスのジュネーブに赴任。 後、大使館参事官としてフランスに赴く。'26帰国後、東京市制調査会専務理事、緒方竹虎に請われて東京朝日新聞論説委員となった。 '38(S13)悪化する日米情勢を好転させるべく、日本文化会館館長としてニューヨークへ渡米し、IPR会員、高木八尺と共にロックフェラー財団と接触した。 日米開戦後、後藤文夫(大政翼賛会事務総長)の任で新潟県知事、その後、貴族院議員に序せられ、大政翼賛会役員となった。
 '45戦後すぐに成立した東久邇宮内閣において文部大臣に抜擢され、田中耕太郎・山崎匡輔・関口泰ら異色の人材を起用し教育改革を推進した。 また、幣原喜重郎と共に天皇の人間化宣言に大きく関わった。文相時に、娘の美恵子を秘書としGHQとの折衝および文書の翻訳作業などに従事させている。 幣原喜重郎内閣でも留任したが、戦時中の新潟県知事としての勤務を大政翼賛会に関係していたとして咎められ翌年1月に辞職した。 日本育英会会長、日本ILO協会会長、世界平和アピール七人委員会などを歴任した。 その間、'46ソニーの前身である東京通信工業に、野村胡堂(13-1-1-3)と共に資本金19万円を出資し、名誉職であるが初代社長を務めた。 井深大(17-1-8-7)が技術担当の専務、盛田昭夫が営業担当の常務となって事業を始めた。なお、井深大にとって多門は義父にあたる。 '55名誉都民。享年78歳。
 妻の房子は群馬県富岡の生糸商の金沢知満太郎の三女であり、金持ちであったが、自由民権運動に参加した父が警察に追われ、さらに借金していた人物により家屋を放火されたことにより無一文となった。 多門と房子の結婚の仲立ちしたのは、房子が給費生として通ったクエーカーの運営する普連土学園の顧問であった新渡戸稲造(7-1-5-11)であり、二人の結婚式の媒酌人もつとめている。 房子は早くからクエーカーの教えを信じ、また、多門も房子の没後、同様にクエーカーとして生活をした。 なお、多門もクエーカー・コネクションの中心人物である。房子の姉弟に無教会主義のキリスト教の独立伝道者の金沢常雄がいる。
 長男はフランス文学者の前田陽一(同墓)、長女は精神科医の神谷美恵子であり、植物学者の神谷宣郎と結婚した。 次女の勢喜子はソニー創業者の井深大(17-1-8-7)に嫁ぎ、三女は伊藤忠商事の副社長を務めた人物と結婚した。

<コンサイス日本人名事典など>


墓所

*墓所には二基建つ。正面「前田多門 / 前田房子 墓」、左側に「前田家墓」。前田多門夫妻の墓石の裏面には二人の略歴が刻む。前田家の墓石の裏面は墓誌となっている。なお、「先祖累代の遺骨を大阪市天王子区金台寺墓地より移葬 昭和四十九年六月四日」とも刻む。前田陽一、妻のゆう、勢喜子が刻む。

*勢喜子は野村胡堂の勧めでお見合いをしたソニー創業者の井深大と、1936結婚したが、長年の別居を経て、父の前田多門没後に離婚した。息子の井深亮(ソニー → エム・アイ・ラボ取締役)が執筆した『父 井深大』に詳しく書かれている。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。