メイン » » » 箕作省吾
みつくり しょうご

箕作省吾

みつくり しょうご

1821(文政4)〜 1846(弘化3)

江戸後期の地理学者

埋葬場所: 14区 1種 2側 2番

 仙台藩士佐々木秀規の次男、箕作阮甫の養子。名は寛、字は玉海。江戸・京都に遊学、蘭学を志し箕作阮甫に入門、その才を認められ阮甫の3女と結婚。 阮甫の加筆もえた「坤輿図鑑」「坤輿図識補抄」は福沢諭吉の「西洋事情」以前におけるこの種の名著といわれ、鍋島斉正や井伊直弼らが本書を外交の指針とし、また吉田松陰や桂太郎が大志を立てたことは著名。 「新製輿地全図」も当時最も優秀な世界地図。外患を憂え世界の形勢を知らしめようと執筆に努めたが、肺を患って早世した。幕末の専門地理学者山村才助(6-2-12-9)と並び称される。

<コンサイス日本人名事典>


家系図

家系図


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。