メイン » » » 箕作祥一
みつくり よしかず

箕作祥一

みつくり よしかず

1920.1.1(大正9)〜 1968.11.8(昭和43)

昭和期の農獣医学者、男爵

埋葬場所: 14区 1種 2側 2番

 祖父は箕作麟祥(同墓)。麟祥四男の箕作俊夫(T12.1.8歿 享年33歳)・長江(S60.4.6 享年97歳)(共に同墓)の長男として生まれる。 母の長江は陸軍中将の大島健一(14-1-2-3)の長女。母の長江の兄の大島浩(14-1-2-3)は陸軍中将でA級戦犯となった人物。
 父が若くして没したため、1923.2.28(T12)に若干3歳にして家督と男爵を継いだ。戦後、華族制度廃止のため祥一の代で男爵位は終了。学者の道へ入り、日本大学農獣医学部教授となり、農獣医学者として活動。 その間、養命酒のオーナー一族である塩沢友茂の次女の千代子と結婚。1人娘の禎子をもうける。禎子は近江治彦に嫁ぐ。脳溢血のため死去。 享年48歳。家督継承者がいないため、弟の俊次が箕作家当主を継いだ。箕作俊次は大日企業社長の実業家であり、俊次の長男である有俊氏と続く。


*箕作家の墓所は1964(S39)3月に東京小石川白山浄土寺より箕作祥一によって移葬された。

*箕作家の墓所と母方の大島家の墓所は隣同士である。

箕作家の家系図


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。