メイン » » » 大島健一
おおしま けんいち

大島健一

おおしま けんいち

1858(安政5)〜 1947(昭和22)

明治・大正・昭和期の陸軍軍人(中将)、陸相

埋葬場所: 14区 1種 2側 3番

 1881(M14)陸軍少尉に任官し、陸士教官。ドイツ留学を経て、97監軍部参謀兼山縣有朋副官、 大本営兵站総監部参謀長をつとめ、1906参謀本部第四部長。12(T1)参謀次長。13陸軍中将16第二次大隈重信内閣の陸相となり、寺内内閣にも留任。 第一次大戦中の軍政を指導。18青島守備軍司令部。19予備役。20貴族院議員となり、40〜46(S15〜21)枢密顧問官。

<コンサイス日本人名事典>


墓地 墓誌

*息子の大島浩(同墓)陸軍中将・ドイツ大使を務めた。

*長女の長江(S60.4.6 享年97歳)は、箕作麟祥(14-1-2-2)の四男の箕作俊夫(T12.1.8歿)に嫁ぎ、箕作祥一(14-1-2-2)をもうけた。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。