メイン » » » 呉 秀三
くれ しゅうぞう

呉 秀三

くれ しゅうぞう

1865.4.14(元治2.2.17)〜 1932.3.26(昭和7)

明治・大正・昭和期の精神病学者、医史学者

埋葬場所: 5区 1種 1側 9番

 江戸青山(東京港区)出身。号は芳渓。祖父は蘭医学者の山田黄石(21-1-25-1)、父は広島藩蘭医の呉黄石・せき(共に21-1-25-1)の三男。 母のせきは箕作阮甫(14-1-2-2)の長女。兄の呉文聰(21-1-25-1)は統計学者。甥の呉建(21-1-25-1)は内科医学者。
 東京大学医科大学卒業。1896(M29)東大助教授となり、翌年ドイツ・オーストリアに留学。 帰国後、1901教授に進み、巣鴨(のち松沢)病院長を兼任し、クレペリン学派の新しい精神病学を普及して精神病患者の看護法を一新、わが国現代精神病学の基礎をきずいた。富士川游(ゆう)とならぶ医学史研究の草分けでもある。'25(T14)職を辞す。
 昭和になってから著述・翻訳に専念、日本医学史・東洋史を著わした。 主な著書に『精神病学概論』『華岡青洲先生及其外科』『ケンペル旅行記』『シーボルト先生―其生涯及功業』(シーボルト伝)や翻訳『シーボルト江戸参府紀行』、外祖父の箕作阮甫の伝記などがある。享年66歳。

<コンサイス日本人名事典>
<講談社日本人名大辞典>
<世界人名辞典など>


墓誌

*墓石は和型「呉家累代墓」。左側に「芳渓呉秀三先生」というタイトルの墓誌碑が建つ。それには「我が国精神病学・医史学の建立者呉秀三先生ここに眠る。 元治二年二月一七日生 昭和七年三月二六日歿(1865‐1932)。伝記も著作も、世上の褒眼も結局に於て父の恃むところではなかった。 瘋癩者に封する心遺ひと、先哲の徳を恢めることこそ、その業であり志であったと推すべきものがある。(呉茂一)呉秀三先生歿後五〇年記念会」と刻む。 裏面は墓誌になっており、前妻のみな、秀三、茂一らの俗名と没年月日が刻む。

*前妻の"みな”は三浦千春の娘。"みな”との間に1男4女をもうけた。長男は古典文学研究者の呉茂一(同墓)。長女の"たま”と四女の"芳江”は"みな"の実家である三浦家の養女となった。 次女の"かつ”は東北大教授の木村男也に嫁ぎ、三女の"いくよ”は齋藤助蕘に嫁いだ。"みな”は1910.7.5に38歳の若さで没す。 没後に濱田藩士の本多小紋太の長男の本多富次郎の娘の"とく”と再婚。"とく”は初婚。章二をもうけた。

*後妻の"とく”(1954.2.27歿 行年83歳)の生家墓所は呉秀三の墓所の左隣りにある。元来は本多家であったであろうが、洋型墓石「呉家」とあり、裏面に「昭和五十一年四月三十日本多家より呉家に継承」と刻む。 墓誌には「舊濱田藩士本多分家光敦代々之墓」と刻み、小紋太、富次郎らの俗名、没年月日が刻む。"とく”は呉秀三没後に本多家に戻り継承をしたのか、こちらの墓石に「本多とく」の名前で刻む。 秀三ととくの子である呉章二もこちらの墓誌に刻む。呉章二(1991.7.31歿 行年76歳)は日本大学に勤務した。

生家墓所

*呉秀三の後妻の名前は系譜など多くの書物に「みつ」と書かれているが、どちらの墓誌にも「みつ」という名が刻まれておらず、生没年月日などから推察するに「とく」ではなかろうかと思い、ここでは後妻の名前を「とく」として紹介しています。事実をご存知の方はご一報ください。

家系図
家系図


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。