メイン » » » 槇 武
まき たけし

槇 武

まき たけし

1861.7.13(文久1)〜 1941.1.28(昭和16)

明治・大正・昭和期の銀行家

埋葬場所: 13区 1種 6側

 越後長岡藩士の槇小太郎の長男として長岡弓町に生れる。幼名竹之丞。慶応義塾で学僕として学び、1886(M19)福沢諭吉の斡旋で仙台の奥羽日日新聞主幹として入社。 のち東京穀物取引所長を経て三井銀行に入社、神奈川銀行頭取となる。全員同墓に眠る息子には教育者の智雄(長男)、登山家の有恒(次男)、慶応義塾大学医学部を卒業して医師になった弘(三男)がいる。 同墓ではないが、弟(次男)には植民地経営の実業家である槇哲(あきら)がいる。

<槇之実−槇智雄先生追想集>
<MATSU様より情報提供>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。