メイン » » » 近藤宮子
こんどう みやこ

近藤宮子

こんどう みやこ

1907.3.21(明治40)〜 1999.4.8(平成11)

昭和期の唱歌作詞家
(チューリップ・こいのぼり)

埋葬場所: 21区 2種 8側

 広島県広島市国泰寺町(中区国泰寺町)出身。父は国文学者の藤村作と音楽教師の季子(共に20-1-16 季子は墓誌にスエ)との間に父が教授として赴任していた広島にて生まれる 。1910(M43)父が東京帝国大学助教授に転任になったことにより、東京市外千駄ヶ谷に転居した。東京府立第三高女(駒場高)卒業。 '31父の教え子で、当時東京音楽学校講師をつとめていた国文学者の近藤忠義(同墓)と結婚し、専業主婦となった。
 同年8月末に、幼稚園唱歌研究部に関わっていた父から、夫の忠義を介して子供のための作歌を頼まれる。 背景は唱歌研究部が唱歌を一般募集したがよい作品が少なく、その委員であった作曲家の福井直秋が、親しい付き合いであった藤村作に相談し、忠義を経由して宮子にまわってきた。 約1ヶ月の間に『チューリップ』、『こいのぼり』など10編を作歌、作品を日本教育音楽協会に提出し全て採用された。 ところが、作歌中に満州事変が勃発し、国内の混乱もあり、'32宮子の作った作品は全て無名著作物として公表された。 当時の文部省の方針という節もあり、多くの作者不詳作品が出ている。同年東京高等師範学校附属小教師の井上武士が『チューリップ』を作曲し、作詞者不詳のまま出版された。 また、同じ頃に『コヒノボリ』が作詞者作曲者不祥として「エホンショウカ ハルノマキ」に初出した。『こいのぼり』の作曲者は現在も不祥である。
 戦後、日本音楽著作権協会が無名著作物に関して名乗り上げるよう呼びかけていたが、宮子は「多くの作品が作者不詳でもあり、歌いつがれていくならよし」という思いから名乗りあげずに過ごしたという。
 '70新著作権法制定に伴い全面改正され、著作権が広く認知される。 これにより、宮子の長男で当時赤旗編集部の記者をしていた創が、「こいのぼりの作詞はお母さんよと聞かされた」ということを、同僚の記者に話したところ興味を持たれ、取材した記事が注目を集めることとなった。
 長らく作者不詳の作歌は日本教育音楽協会が著作料を受けていた。「チューリップ」などの人気曲は年間約400万円の使用料が入り同協会の財源となっていた。 しかし、'81著作権が切れるのを防ぐために同協会は「チューリップ」「こいのぼり」などの作者不詳である人気曲を協会の財源の延命を図るために元会長である小出浩平が作詞者であると発表し、日本音楽著作権協会に変更させた。 この事実を知り、'83.11.22「ウソはいけない」という思いから、小出に変更した作詞6曲は自分が作ったものであると、小出浩平と著作権協会を被告として、東京地方裁判所に提起した。この時、宮子は76歳。
 '89.8.16(H1)判決は「近藤宮子は、本件歌詞を著作して、著作者人格権を有するが、著作権については被告教育音楽協会に譲渡したものと認定判断された。」と言い渡される。 すぐに宮子は東京高等裁判所に控訴したが、'93.3.16(H5)言い渡された判決も同様の判断がされ、宮子と相手側は上告せず確定した。 これにより正式に『チューリップ』、『こいのぼり』ほか全作品の作詞者と認定された。 なお東京地裁は小出浩平とそれを認めて著作権を登録した日本音楽著作権協会に対して両者に390万円の損害賠償の支払いを命じている。 この時、宮子は86歳。殆ど物証が無いにも関わらず裁判官が心証によって判決を断定した珍しいケースとしても話題になった。 なお、この事件名は『「チューリップ」「コヒノボリ」等著作権確認・使用料請求事件』が正式名称。 '99まで存命したにも関わらず、著作権は'92で消滅し、加えて今までの著作権料の請求も叶わなかったが、存命中に作詞者として認められたことは幸いであった。享年92歳。

<講談社日本人名大辞典>
<問われる教育音楽協会の姿勢と著作権>
<唱歌『コヒノボリ』『チューリップ』と著作権―国文学者藤村作と長女近藤宮子とその時代 大家重夫>


*洋型の墓石に「近藤の人々の墓」と刻む。裏面は墓誌となり近藤忠義の名が刻むが、宮子の刻みがない。

*「チューリップ」「こいのぼり」は日本の歌百選に選ばれている。なお、日本の歌百選に選ばれた作詞あるいは作曲者で多磨霊園に眠っている人物と曲名は下記である。 作詞者としては、北原白秋(10-1-2-6)「あめふり」「からたちの花」「この道」「揺籃のうた」、巌谷小波(12-1-2-18)「ふじの山」、宮原晃一郎(18-1-21)「われは海の子」。 作曲者としては、中山晋平(21-1-6-3)「あの町この町」「あめふり」「雨降りお月さん」「肩たたき」「シャボン玉」「背くらべ」。



チューリップ

作詞:近藤宮子 作曲:井上武士

サイタ サイタ チューリップ ノ ハナガ

ナランダ ナランダ アカ シロ キイロ

ドノ ハナ ミテ モ キレイ ダナ



コヒノボリ

作詞:近藤宮子 作曲:不祥

ヤネ ヨリ タカイ コヒノボリ

オホキイ マゴイ ハ オトウサン

チヒサイ ヒゴイ ハ コドモタチ

オモシロサウ ニ オヨイデル



※当時はオトウサン⇒オトウサマ、コドモタチ⇒コドモダチ


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。