メイン » » » 川村純義
かわむら すみよし

川村純義

かわむら すみよし

1836(天保7)〜 1904(明治37)

明治時代の海軍軍人(大将)

埋葬場所: 11区 1種 2側 4番

 維新の際には志士として奔走し、戊辰戦争に活躍した。1869(M2)兵部大丞。 西南戦争では軍艦を率いて征討軍に参加し活躍。78以降2度海軍卿となり、各鎮守府設置に尽力し、日本海軍の礎を作る。 84伯爵。翌年宮中顧問官、88枢密顧問官。1901皇孫の養育主任となり、没後、大将に昇進した。

<コンサイス日本人名事典>


*川村家の墓所は広く、何体もの墓が並ぶ。純義の墓はちょうど正面にあり、前面は戒名「偉烈院殿純義精忠日貫大居士」が刻まれ、裏面に名が彫られている。

*青山墓地より改葬。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。