メイン » » » 服部春子
はっとり はるこ

服部春子

はっとり はるこ

1831(天保2)〜 1915.4.10(大正4)

明治期の実業家(セイコー)

埋葬場所: 6区 1種 1側 10番

 服部金太郎の母。銀座にほど近い采女(うねめ)町で古物商「尾張屋」を営んでいた服部喜三郎と結婚し、一子であった長男の金太郎を儲ける。 1887(M20)夫の服部喜三郎と死別後、金太郎を助け服部時計店(セイコー)の基礎を築いた。
 1892東京本所に時計工場精工舎が設けられると、61歳で工場監督の任にあたり、数百人の職工や徒弟と苦楽をともにした。享年84歳。戒名は精工院妙徳日慈大姉。
 春子の遺志で東京市養育院に5000円、がん研究所に2000円、本所、京橋、芝各区の奨学資金に各1000円が寄付され、精工舎職工ら一同に2000円が贈られた。

<日本女性人名辞典>


*服部家の墓所は入って右に折れると正面に「服部金太郎墓」が建つ。金太郎の妻は服部まん。金太郎の墓を正面にして左側に「服部家之墓」、隣りに墓誌がある。 墓誌には夫の服部喜三郎、服部春子(墓誌には「はる」)、早死した服部英介、2代目社長の服部玄三、玄三の妻の服部英子、玄三の長男で4代目社長の服部謙太郎、謙太郎の妻の服部桂子が刻む。 なお、3代目社長で世界のセイコーに躍進させた金太郎の次男の服部正次は鎌倉霊園に眠る。よって、正次の長男でセイコーエプソム社長を務めた服部一郎も鎌倉霊園である。

*2代目社長の服部玄三の次男で4代目社長の服部謙太郎の弟である、5代目社長の服部禮次郎はご健在で、現在は名誉会長(2010年現在)。 現在のセイコー社長は服部謙太郎の次男の服部真二(2010年現在:10代目)。


【服部家】(クリックで拡大)

服部家 家系図


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・は行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。