メイン » » » 原 常成
はら つねなり

原 常成

はら つねなり

1882(明治15)〜 1966.1.19(昭和41)

明治・大正・昭和期の陸軍軍人(中将)

埋葬場所: 16区 1種 10側

 東京出身。1903.11.30(M36)陸軍士官学校卒業(15期)。同期に、今井清(中将:8-1-14)、谷寿夫(中将:13-1-21)、川岸文三郎(中将:3-1-24)、三毛一夫(中将:4-1-35)、板坂順治(少将:22-1-39)、大濱石太郎(少将:9-1-12-1)、中井武三(少将:12-1-10)、長谷部照(少将:19-1-13)らがいた。翌年騎兵少尉に任官。'14(T3)陸軍大学校卒業(26期)。同期に東久邇宮稔彦王(皇族・後の大将、首相)、今井清らがいた。
 米国駐在などを経て、'22.2.8参謀演習班長、'25.8.7大佐に進み、参謀本部附となる。'26.3.2近衛騎兵連隊長、'29.3.16(S4)軍務局馬政課長、'30.8.1陸軍省高級副官、'31.3.11少将に累進し、騎兵監部附。'32.8.8騎兵第2旅団長に就任。'33.3.18第21代 陸軍騎兵学校長に補される。'34.8.1軍馬補充部本部長を歴任し、'35.3.15中将に昇進した。'36.3.7待命、同.3.17予備となる。享年84歳。

<帝国陸軍将軍総覧>
<日本陸軍将官総覧>


墓所

*墓所正面に和型二基。左側は「原家先祖代々」、右側は「原家之墓」。原家之墓の右面が墓誌となっており、原常成の戒名、没年月日、俗名、行年が刻む。戒名は寛照院法壽日常居士。墓所内には左側に新しい墓誌、右側に小さな墓石もある。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・は | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。