メイン » » » 小野俊一
おの しゅんいち

小野俊一

おの しゅんいち

1892.5.1(明治25)〜 1958.5.21(昭和33)

動物学者、社会運動家、ロシア文学翻訳家

埋葬場所: 6区 1種 5側 11番

 東京出身。銀行家の小野英二郎(同墓)の長男。筆名は滝田陽之助。 東京帝国大学を中退し、動物学を学ぶために、1914(T3)ロシアのペトログラード大自然科学科に留学。 留学先で、帝政ロシア貴族の血を引く家の三女のアンナ・ブブノアと出会い、恋愛関係に落ちた。 ロシア革命の混乱のなか結婚、アンナは音楽の教職を辞して、駆け落ち同然に1918(T7)来日した。 帰国後、東京帝国大学助手から京都大学助教授を経て、発明協会の役員となる。 アンナと協議離婚し、浪子と再婚するが、アンナとアンナの姉ワルワラとは共同生活を継続させる。
 '42(S17)日本少国民文化協会理事長に就任。戦前は実業家として知られたが、戦後はロシア文学翻訳家に転進。 日本ロシア文学会理事、日本科学技術連盟参与も務める。主にシーモノフやアヴィーロワなどの作品を翻訳した。 その際の挿絵をワルワラが担当した。


墓所左側 墓所右側

*小野邸宅は戦争時にも被災を免れた西洋館であり、俊一が没するまで、妻の浪子、その間に生まれ後に地球環境科学者となる小野有五、前妻の小野アンナ、アンナの姉で美術家のワルワーラとひとつ屋根の下で生活を共にした。 俊一没後に、アンナとワルワーラはソ連に帰国。

*隣家は新渡戸稲造(7-1-5-11)宅。

*小野俊一の生年月日が人名辞典によって異なりますが、墓石裏面に刻む生年月日をここでは取り上げます。

*小野家の墓所は正面に小野英二郎の墓が建ち、右側に左から四男の小野康平。 その右が俊一とアンナとの子の小野俊太郎。左側は右に小野俊一・波子の墓、左に英二郎の碑が建つ。


小野アンナ おの あんな
1898.4.1(明治31)〜1979.5.18(昭和54)
昭和期のヴァイオリニスト、音楽教室主宰者
 本名はアンナ・ディミトリエヴナ・ブブノワ(Anna Dmitrievna Bubnova)。 父親はロシア帝国の官僚のドミートリイ・ブブノフ、母親のアンナ・ニコラーエヴナは名門貴族ブリフ家出身で声楽家。姉のワルワーラは美術家、画家。妹のマリヤはピアニスト。
 6歳よりピアノ、10歳よりヴァイオリンを学び、1908〜1913ペテルブルク音楽院で、レオポルド・アウアーに師事。 “フリー・アーティスト”の称号を得る。1917(T6)5月ロシアに留学していた小野俊一と結婚。 翌年、ロシア革命で混乱していた故郷を離れ、28歳で来日。日本で、小野アンナ音楽教室を主宰し、多くの門下生を育てた。 俊一との間に俊太郎を儲ける。音楽の早期教育の必要性を唱えていたこともあり、俊太郎をヴァイオリニストにすべく育てていたが、俊太郎が14歳の時に医師が急性盲腸炎と気づかず、またアンナが誤って患部を温めてしまったため没してしまう不幸にあう。 その二年後、俊一とアンナは協議離婚。アンナは離婚後も日本に留まり、小野アンナ名義で日本のヴァイオリン演奏の進展に寄与し続けた。 俊一は浪子と再婚し子も儲けていたが、自宅にアンナとアンナの姉のワルワーラを住まわせた。
 '46武蔵野音楽大学教授として後進を指導するかたわら、請われて桐朋学園の子どものために音楽教室も務めた。 小野アンナ門下からは、諏訪根自子、厳本真理、前橋汀子、潮田益子、浦川宜也、三木鶏郎など数多くのヴァイオリニスト、音楽指導者、作曲家等を輩出した。'58小野俊一が歿す。 これを機に、アンナは姉のワルワーラとともに惜しまれつつソ連に帰国。40年間の日本での生活にピリオードを打った。 '59日本政府から今までの功績を評して、勲4等瑞宝章を賜わる。 帰国後、グルジアのスフミ音楽院にてヴァイオリン科教授に就任。スフミにて永眠した。


ワルワーラ・ブブノア
1886.5.17(明治19)〜1983.3.28(昭和58)
昭和期の美術家、画家、ロシア文学者
 サンクトペテルブルク出身。小野アンナの姉。語学と文芸を愛好する貴族階層出身の母親の影響で少女時代からピアノと美術を学ぶ。 1907(M40)ロシア・ロマノフ王朝直属のペテルブルグ帝室美術アカデミーに入学し高度な教育を受けた。 '14卒業後は美術教師となり、またモスクワの博物館において研究員を務めた。ロシア革命前後から、「ロバのしっぽ」同人としてロシア・アヴァンギャルド美術部門の振興に加わった。 ソ連建国後は、美術研究所の講師や学芸員を務めながら、地道に制作活動を続けていた。 この時期は、芸術上の導き手でもあった恋人マートヴェイが急逝し、直後に父も他界した。 '21アンナにより二科展に出展された油絵が入選作品となったのを機に、'22(T11)母親を連れて来日。以後36年間日本で過ごす。  '24〜'37早稲田大学文学部、'27〜'45東京外国語学校でロシア語講師に就き、ロシア文学を日本に伝える上で大きな貢献をした。 '27(S2)在日の白系ロシア人のゴローフシチコフと結婚し20年余を仲睦まじく暮らすものの子供に恵まれず、また戦時中は軽井沢に強制移住をさせられ、'47夫に先立たれる。 '46早稲田大学にロシア文学科が再開('37で一時閉鎖)されると教壇へ復帰した。 '55北海道大学の夏期講座を主宰、'56日ソ学院のロシア語・ロシア文学講師を歴任。「思想」や「中央公論」誌上でロシア構成主義理論を紹介するなど活動し、日本のロシア語ロシア文学の「母」と親しまれ、教え子には作家の五木寛之など多数いる。 もともと油彩画家だったが、来日して日本の新興画壇と交流を深めるうち、版画やリトグラフに表現の可能性を見出すようになった。 戦後には、棟方志功主宰の日本版画院にも参加。またアンナの元夫である小野俊一の居に住まわせてもらっていたこともあり、俊一の翻訳本の挿絵画家、装丁家として何度か活動をともにした。
 '58小野俊一が没したことを機に、同年催された日本橋の白木屋においての「画業50年記念展」を最後に、日本での職を退き、アンナをともなってソ連に帰国した。 帰国後は、グルジアのスフミに居を構え、'59ソ連美術家同盟会員として制作活動を始め、各地で個展を開いた。 '79アンナがスフミにて他界すると、レニングラードに移転し、余生を送った。 '81生誕90周年記念展覧会がレニングラードで催され、'82日本政府より勲四等宝冠賞を賜った。享年96歳。


小野有五
1948(昭和23)〜ご健在
昭和・平成期の地理学者、地球環境科学者
 東京出身。小野俊一・浪子の長男。両親と父の前妻のアンナ、アンナの姉のワルワーラとともに幼少時代に一緒に生活する。 大学では地質学を専攻し、氷河時代から現在までの山の自然の歴史を研究。北海道に居を移し、研究を進めていたが、自然が破壊されていく様子を身近に見て、自然保護をめざした運動を始める。
 1996『自然をみつける物語』<川との出会い・森の時間・山のひみつ・島への旅>(全4巻岩波書店)で、第44回産経児童出版文化賞を受賞。地形学的研究による北海道の自然保護への貢献により、2001(H13)第1回沼田眞賞(日本自然保護協会)を受賞。 現在は北海道大学大学院地球環境科学研究科教授。市民団体「北海道の森と川を語る会」の代表を務めている。


【小野俊一の兄弟】
 次男の小野勇二は、母方の岡山県人税所家の養子となり、篤二と改名。税所篤二として日仏美術交流に尽力した美術評論家。 三男の小野英輔は、ピアニストから銀行家へ転進し、横浜正金銀行 (現東京銀行) のサンフランシスコ支店副頭取を務めた。 兄の俊一の最初の妻である小野アンナと仲がよく、またアンナの姉のワルワーラからロシア文学、歴史、語学などで多大な影響を受けた。 安田善三郎(3-1-24-5)の娘、磯子と結婚し、オノヨーコ、世界銀行シニアアドバイザーなどを歴任した小野節子を生む。 四男の小野康平は足利日赤病院院長となった医師である。同所に墓が建つ。 長女の米子は太陽火災保険常任監査役等になった石井茂樹と結婚し、画家となる石井茂雄を生む。 五男は小野英作。次女の寿満子は加瀬俊一と結婚した。

<コンサイス日本人名事典>
<世界人名辞典>
<講談社日本人名大辞典など>


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。