メイン » » » 井上 靖
いのうえ やすし

井上 靖

いのうえ やすし

1892.6.1(明治25)〜 1950.2.5(昭和25)

大正・昭和期の陸軍軍人(少将)

埋葬場所: 15区 1種 10側

 兵庫県出身。1914.5.28(T3)陸軍士官学校卒業(26期)。同期に硫黄島で戦死した栗林忠道大将や、難波清作(後に少将:19-1-14)、簗瀬真琴(後に少将:21-1-17)、東八百蔵(後に大佐:15-1-7)らがいた。 同.12.25歩兵少尉に任官。'21.11.28陸軍大学校卒業(33期)。同期に伊佐一男(後に中将:4-1-23)、寺本熊市(後に中将:13-2-54)、宝蔵寺久雄(後に中将:9-1-19-11)らがいた。以後、歩兵科将校として累進。
 '29.4.12(S4)中華民国在勤帝国大使館附武官補佐官を命ぜられ北平に駐在。同.12免ぜられる。'32.1.10竜井村特務機関長となり、同.12.7陸軍大学校兵学教官 兼 研究部主事。 '33.8.1中佐を経て、'37.8.2大佐に昇進し、同.10.20第10軍情報課長となり戦地に投入される。'38.3.1歩兵第15聯隊長に移り日中戦争に出征。 '39.3.9太原特務機関長を経て、'40.3.9少将となり、第14師団司令部附、同.8.1歩兵第28旅団長に補される。同.9.7第51歩兵団長、'41.4.7興亜院華中連絡部次長に就任したが、二か月後の同.6.28基隆要塞司令官を命ぜられ、同.12.8太平洋戦争が勃発。
 '42.3.6第10野戦補充隊長、同.9.10第11独立守備隊長を務め、'43.4.8西部軍司令部附となり、同.6.2予備となった。功3級。

<帝国陸軍将軍総覧>
<日本陸軍将官総覧>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。