1と2の間辺りからはじめるCSS講座ボックスの位置を操作する

もくじ
目次を飛ばして本文へ
博士H:

今回は配置についてじゃ。
最初のプロパティは、floatについてじゃ。
これはimgalignと似た効果じゃな。

生徒A:

つまり、文字が指定した要素の周りに
回り込むってことですか?

博士H:

そうじゃ。
これの特徴は、画像だけではなく、
文字やテーブル、Flash、ボタンなどのあらゆるものに
回り込みを指定出来る
ことじゃ。

生徒B:

ん?
「文字を寄せる」って、幅はどうやって決めるんだ?

博士H:

良いところに気が付いたのぉ。
文字等の場合は、幅の指定は必須なのじゃ。

幅はwidthプロパティで指定するのじゃ。
値は長さとパーセンテージじゃ。

もちろん、clearの代わりもあるのじゃ。
そのまんま、clearプロパティなのじゃ。
じゃが、困ったことに、
両方の回り込み解除はallは無くてbothなのじゃ。

生徒B:

なんで。

博士H:

意味的にヘンじゃからじゃろ。
と思う。

あ、ちなみにclear
ブロック要素にしか適用されないで、
それは頭に入れといてくれなのじゃ。

生徒B:

ん?
そう言えば、インライン要素を中央に寄せるのって、
CSSではどうやるんだ?

博士H:

それは、text-alignという、
また別のプロパティを使うのじゃよ。
キーワードは以下の通りじゃ。

left 左寄せ
center 中央寄せ
right 右寄せ
博士H:

次はpositionプロパティについてじゃ。
ややこしいで、頑張って聞くのじゃぞ。
これにはabsoluterelativeなどの
値があるのじゃ。

生徒B:

「等」っていうことは、もしかして他にもあるの?

博士H:

2つあるのじゃが、それについては割愛するのじゃ。

まずは説明しやすいrelativeからじゃ。
relative相対配置と言って、
その要素の現在位置を基準にして
表示位置を移動するのじゃ。

生徒A:

移動するって、positionを指定しただけじゃ
どう移動するか分からないんじゃないですか?

博士H:

もちろん、
どう動かすかというプロパティが別にあるのじゃよ。
topleftというのじゃ。

これの値には長さとパーセンテージが使用出来るぞい。
それぞれ、下・右へどれだけずらすかを
指定するのじゃよ。
負の値じゃと、上、左方向へ移動するのじゃ。

生徒B:

topなのに下へ、leftなのに右へ移動なの?

博士H:

これはabsoluteの場合と合わせる為と言えるかの。
上・左の辺からどれだけ動かすか、ということなのじゃ。

生徒A:

この場合、
パーセンテージだと何をもとに値を計算するんですか?

博士H:

相対配置の場合は
その要素自身の幅に対する割合じゃ。
例えば、インライン要素に指定した場合、
top:100%じゃと、ちょうど文字の高さ分下にずれるし、
left:100%じゃと、内容の長さ分右にずれるのじゃ。

生徒A:

なるほどなるほど。

博士H:

後に続く内容は、
その要素がもとの位置にあるかのように
振る舞うのじゃ。

生徒B:

ああ!
もしかして、
カーソルを乗せると右下にずれるリンクって、
これ使ってるんだろ。

博士H:

そのとおりじゃ。
よく気が付いたの。

例えば、こんなふうにしておる。
a{position:relative}
a:hover{top:1px;left:1px}

生徒B:

ふむふむ(..φ)

博士H:

最後に、absoluteについてじゃな。
これは絶対配置と呼ばれておる。

生徒A:

何が絶対なんですか?

博士H:

要素の位置を、現在の位置に関係なく
ページ全体に対して指定するからじゃよ。

生徒A:

ああ!
ページの左上からの位置を
topleftで指定するんですね!

博士H:

うむ、下からや右からの位置も指定出来るぞい。

生徒B:

分かった!
その場合はbottomとかrightとかって使うんだろ。

博士H:

ほほー、冴えとるの。

で、注意じゃが。
パーセンテージの場合は、その要素ではなく
ページに対するパーセンテージなのじゃ。

生徒A:

ってことは、
高さ100%にすると、
ページの上から下までになる
ってことですか?

博士H:

そうなるの。

生徒B:

博士、こういうことするんだから
当然、後ろの内容は絶対配置の要素の存在は
無視する
んだよな。

博士H:

そのとおりじゃ。
おっと、高さはheightプロパティで指定出来るぞい。

生徒B:

博士、高さ指定したらはみ出したりしない?

博士H:

うむ、ええところに気が付いたのぉ。
そのはみ出した内容を扱う為のプロパティ、
overflowがあるんじゃ。

値はvisiblehiddenscrollautoの4つがあるが、
基本的にはautoをオススメじゃ。

visible 内容はボックスの外にはみ出して
書かれるのじゃ。
hidden はみ出した部分は隠れるのじゃ。
scroll はみ出した部分はスクロールで見られるようにするぞい。
つまりボックスにスクロールバーが付くのじゃな。
auto 基本的にscrollと同じじゃが、
内容がボックスにきちんと収まる場合は
スクロールバーは表示されないのじゃ。
生徒A:

うわー、CSSの本領発揮ってところですね!
すごい!

えっと、で、
絶対配置したら重なったりしちゃいますよね。
それってどうするんですか?

博士H:

重なり順を指定するプロパティもあるんじゃよ。
z-indexじゃ。
これの数値が高いほど、一番上に乗るんじゃ。

生徒B:

ほほー。

博士H:

だからと言って、
ソースの内容の順番を
むちゃくちゃにして良い訳ではない
ぞい。

生徒B:

ぎっくぅ。。

生徒A:

今日は充実してましたねー。

博士H:

じゃな。
それでは本日の授業はここまで!

<文字とリストマーク[P] オマケ[N]>

▲見出しへ戻る
最終更新日:2004年04月02日
Copyright © 2001-2003 ばあど All Rights Reserved.