メイン » » » 塚本ハマ
つかもと はま

塚本ハマ

つかもと はま

1866.6.20(慶應2)〜 1941.6.30(昭和16)

明治・大正・昭和期の家庭教育者、家政学者

埋葬場所: 12区 2種 28側

 江戸本郷出身。旧姓は小川。父は維新時、徳川家移封に従って遠州横須賀に移住した。静岡県の県費留学生として東京師範学校女子部に学ぶ。学生時代の級友に野口幽香(23-1-60)がいる。 幽香が両親を失い失意落胆を慰め救ったのがハマであり、欠席した時は講義の筆記を清書して渡したり、孤独な幽香を教会に誘ったという。 これが動機となり幽香は1889(M22)受洗し、社会事業家への道を進むことになった。卒業後、女高師第1回生を経て、大阪師範女子部に赴任。『婦人教育雑誌』を創刊した。
 農学者の塚本道遠と結婚。長男の塚本玄門(満州の奉天工業大学等で教えた教育者)、二男の塚本赳夫(漢方学者)、三男の塚本憲甫(放射線医学)(全員同墓)ら計6人の子供を儲ける。 子供を育てる傍ら、東京女学館、女子高等師範(お茶の水女子大)付属高女の教諭、静岡高女、青山女学院の教頭を務める。 この間、1900(M33)最初の高女用家事教科書『家事教本』を公刊。退職後は、生活改善同盟会理事などとして活動した。 講演にも意欲を燃やし、家事労働の軽減によって女の進歩と向上をと説き、全国各地を1500回以上歩いたといわれる。 村上信彦『明治女性史』には明治中期、安田生命保険会社における女子事務員の教育者としてハマが印象深く書き留められている。著作に『家庭生活の合理化』などがある。享年76歳。
 孫にピアニストの塚本ルリ子(同墓)がいる。1980「塚本ハマ小伝」市原正恵『思想の科学』が刊行された。

<講談社日本人名大辞典>
<日本女性人名辞典>


墓所

*墓所正面に塚本家之墓。右側に玄門先生之碑が建ち、その隣に墓誌が建つ。墓誌で名を確認できる。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。