メイン » » » 塚本ルリ子
つかもと るりこ

塚本ルリ子

つかもと るりこ

1929.10.9(昭和4)〜 2005.9.2(平成17)

昭和期のピアニスト

埋葬場所: 12区 2種 28側

 東京出身。放射線医学者の塚本憲甫・テイ(共に同墓)の長女。祖父は農学者の塚本道遠(同墓)。 祖母は家庭教育者の塚本ハマ(同墓)。伯父に教育者の塚本玄門、漢方学者の塚本赳夫(共に同墓)がいる。
 1955(S30)東京芸術大学卒業。'57武蔵野音楽大学講師に就くが、同年9月ウィーン留学のため退職。 ウィーン音楽大学に入り、リヒャルト・ハウザーに師事。在学中の'59イタリアの第11回ブゾーニ国際ピアノコンクールで日本人初の5位入賞に輝く。'60ウィーン音楽大学を卒業。 卒業後もウィーンに滞在し、'62〜'66ブルーノ・ザイデルホーファーを師事、ピアニストとして活動した。 この間、'62オーストリア政府給費留学生としてウィーンにて国際法を勉強をしていた塚本哲也と出会い、結婚。 哲也を塚本家の婿養子として迎える。後、哲也は毎日新聞記者特派員として現地に滞在した。
 '67ルリ子は一端帰国し、東京純心短期大学助教授となるが、翌'68渡独のために退職した。'68旧西ドイツのボンに滞在。 哲也もボンの特派員となり、ルリ子はステファン・アスケナーを師事('68〜'73)し、ピアニストとして活動。 帰国後、'75よりフェリス女学院短期大学講師となった。以後はピアノ指導者として活躍した。
 東洋英和女学院大の学長だった哲也が、2002(H14)脳出血で倒れ右半身麻痺となったが、献身的に支えた。 哲也の故郷である群馬県に移る。腹腔動脈閉塞のため高崎市の病院で死去。享年75歳。 葬儀・告別式は社会福祉法人新生会桜の園で営まわれ、翌月、東京都内の聖イグナチオ教会にて追悼ミサが行なわれた。喪主は夫の哲也。

<音楽家人名事典>
<毎日新聞訃報記事など>


墓所

*墓所正面に塚本家之墓。右側に玄門先生之碑が建ち、その隣に墓誌が建つ。墓誌には「塚本哲也 憲甫嗣子」とすでに刻む。


塚本哲也 つかもと てつや
1929.4.29〜ご健在
昭和・平成期の記者、ノンフィクション作家
 群馬県出身。戦後の世界がどこへ向かうのかを見届けたいという理由で毎日新聞記者となった。 1959(S34)オーストリア政府給費留学生としてウィーンにて国際法を勉強していた時に、ピアニストとして同地に滞在していた塚本ルリ子と知り合い結婚。塚本家の婿養子となった。60年代を新聞記者として、ウィーン、プラハ、ボンの特派員を歴任。 その頃の欧州は冷戦の主戦場であり、旧ソ連軍のチェコ侵攻などを取材。 取材中に銃口を向けられたり、戦車にひかれそうになったこともあるという。 帰国後は、主に西欧の歴史を描くノンフィクション作家として活動し、1992『エリザベート ハプスブルグ家最後の皇女』で、第24回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。 著書は多数あり、1978『フィンランド化 ソ連外交の論理と現実』、1981『孤立する大国ニッポン』、1991『平和ドイツの時代』、1996『わが青春のハプスブルク皇妃エリザベ−トとその時代』、2001『王妃マリー・アントワネット』、2002『奇跡の少女ジャンヌ・ダルク』など。また1986妻の父である放射線医学者の塚本憲甫を描いた『ガンと戦った昭和史 塚本憲甫と医師たち』(上下)を執筆し、第8回講談社ノンフィクション賞を受賞した。
 1999〜2003(H10〜14)東洋英和女学院大学長。2002脳出血で倒れ、右半身麻痺となる。 故郷である群馬県のケアホーム新生会に移住した。ペンも持てず、リハビリ目的で始めたパソコンを左手の指でキーボードをたたく作業を毎日数時間かけて行ない、2年かけて『マリー・ルイーゼ』の本を書き上げた。 この作品を描く前、最初はナポレオンの好敵手だった政治家メッテルニヒを取り上げる予定であったが、妻のルリ子から「自分の名誉を重んじた男性より、民衆に尽くした女性を書いてみたら」とマリー・ルイーゼを推された逸話がある。 『マリー・ルイーゼ』の作品は、自国オーストリアを侵略したナポレオンに嫁ぎ、晩年は北イタリアの小国「パルマ公国」の女王になった女性の物語である。

<毎日新聞2006.6.26朝刊「あきらめなければ、道は開かれる−塚本哲也」など>


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。