メイン » » » 志賀多恵子
しが たえこ

志賀多恵子

しが たえこ

1906.1.30(明治39)〜 1995(平成7)

昭和期の社会運動家、経済研究家

埋葬場所: 25区 1種 76側 1番

 埼玉県北足立郡浦和町(さいたま市浦和区)出身。裁判官・判事の渡辺為三、ヒサヲ(共に同墓)の長女。旧姓は渡辺。
 学生時代から社会問題研究会に所属し、三瓶孝子らと活動した。1927(S2)東京女子大学社会学科卒業。卒業と同時に、同.5 志賀義雄(同墓)と結婚し共産党に入党。結婚後も、社会運動活動では旧姓の渡辺多恵子として活動した。
 しかし、志賀義雄と結婚した翌年(1928)、3・15事件で義雄らと共に検挙される。これは別称「第二次共産党員大量検挙」と呼ばれ、治安維持法で検挙者1568人、起訴488人を出した。病気で保釈され出獄。療養後、運動に復帰。'32 再検挙され、懲役2年執行猶予5年に処せられる。
 その後は、大原社会問題研究会に所属し、研究員として櫛田民蔵や宮城タマヨ(旧姓は植田:22-1-68-1)らと活動をした。また理研調査所に入る。
 敗戦後、'45.10.10 GHQの指令に基づき、非転向を貫き18年間獄中にいた夫の志賀義雄と徳田球一(19-1-31-2)が府中刑務所から釈放。非転向での解放で英雄的に迎えられ、出獄と同時に二人は党再建に乗り出す。これに伴い、多恵子も共産党に再入党し、婦人部で活躍した。義雄が「日本共産党(日本のこえ)」を結成した際には会計責任者に就任。その後も夫と共に歩んだ。
 傍ら「資本論」や「経済学」の研究を行い、日本共産党中央委員会理論政治誌「前衛」に恐慌理論の反省『恐慌の根因と恐慌における政治と経済』、労働調査時報『同一労働・同一賃金の原則とは何か』など多くの寄稿や研究発表を行った。著書に『資本論の根本問題』(共著)、訳書にM.E.リューダーヌ『知られざる軍隊』などがある。1992.12(H4) 経済労働研究会と『アジア・太平洋の多元的民主主義による共通の安全保障と経済協力』を著した。

<市民・社会運動人名事典>
<人事興信録など>


レリーフ

*墓所は洋型墓石に「志賀義雄」、裏面「一九九〇年三月 志賀多恵子 建之」、右面「小弟 位里 書」と刻む。この書は部分核停条約批准に賛成し志賀義雄と共に日本共産党改革の意見書を提出し除名された芸術家の丸木位里のことである。墓石の後ろ壁左側には志賀義雄の顔のレリーフがはめ込まれている。墓所の左右に墓誌が建ち、右側墓誌に志賀義雄と妻の多恵子。左側墓誌には多恵子の両親、父の渡辺為三(1880.4.1-1956.9.10)は裁判官。母はヒサヲ(1880.4.1-1956.9.10)、兄で早死した真一(1901.12.11-1910.6.18)。『前衛』の初代編集実務責任者をつとめた平木恭三郎(1912-2001)、妻の登美子(1919-2006)の名前が刻む


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・さ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。