メイン » » » 小坂善之助
こさか ぜんのすけ

小坂善之助

こさか ぜんのすけ

1853(嘉永6)〜 1913(大正2)

北信政財界の第一人者、政治家、
信濃毎日新聞社長

埋葬場所: 8区 1種 13側

 水内郡村山村(現長野市)に生まれ幼名を覚太と称し、家督を相続し善之助を襲名。 若くして学問を好み才気にたけ、1878(M11)26歳で戸長、1881年長野県会議員、翌年は上水内郡町村連合会議長に推される。 1883年(M16)更級、埴科の郡長に抜擢、次いで南北安曇郡長に任じられ、積極的に道路の改修と橋梁の架設に務めた。 1889信濃銀行を創立し頭取となり、翌年国会開設に伴い長野県第一区から衆議院議員に当選。以後、1892、94と当選し北信の政財界の第一人者となった。 1897京都の疎水発電所と並んでわが国最初の電灯事業に着手し、長野電灯会社を創立して茂菅発電所を建設、社長となった。 翌年には岡本孝平から信濃毎日新聞社を譲り受け、主筆に山路愛山を招き「社長といえども紙面に干渉せず」と編集の独立を宣言し近代化を図った。1902政友会に入党、4度目の衆議院議員に当選した。 伊藤博文や松方正義らとも親交が深く、長野県知事や日本勧業銀行副総裁の招請もあったが、地方産業の振興と郷土文化の育成に専念した。 長男の順造(同墓)も衆議院議員、日本発送電総裁。三男武雄は信毎社長に就任。孫の善太郎(同墓)、徳三郎も衆議院議員として活躍してた政治家一家である。

<日本国会議員名鑑など>
<MATHU様より情報提供>


墓誌

*小坂家墓所は広大で洋型墓石も巨大である。墓石の手前には墓誌が立ち、そこから小坂順造と善太郎の刻を見ることができる。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。