メイン » » » 木村駿吉
きむら しゅんきち

木村駿吉

きむら しゅんきち

1866(慶応2.10.6)〜 1938.10.6(昭和13)

明治・大正期の海軍軍属(教授)、無線通信技師

埋葬場所: 7区 1種 5側 3番

 江戸出身。幕臣の木村芥舟の次男。東京大学予備門を経て、1888(M21)東京帝国大学理科大学物理科を卒業。第一高等中学校教諭となるが、内村鑑三(8-1-16-29)が起した内村事件で休職。後に夫人の回想録によると、当日風邪をひいて休んでおり何も知らないのに、クリスチャンで内村の推薦者だということで同罪のように見られたと語っている。
 1893.8〜1896.7 米国のハーバード大学、イェール大学に留学。帰国して、第二高等学校教授に任じた。1900.3 海軍教授・技師となり、兄の木村浩吉(海軍少将)の仲立ちで無線電信調査委員に任命された。松代松之助(2-1-7)と共に日本海軍式無線電信の通信を行い、約8哩の距離で成功し、'03三六式無線電信機が制式採用された。日露戦争での信濃丸のバルチック艦隊発見の「敵艦見ゆ」の警報は木村の制作した無電によって発せられたものである。また日本海海戦中も艦船間の情報交換が可能となり、勝利に貢献した。
 海軍軍属として英国やドイツに出張し、海軍技師・横須賀工廠造兵部員、無線電信改良委員、艦政本部員兼造船廠電気部員を歴任し、'14(T3)免官。海軍退職後は日本無線電信電話会社取締役。'15工業的オゾン発生装置を発明。余生は特許弁理士として送った。勲3等。享年71歳。

<世界人名辞典(東洋篇)東京堂出版>
<講談社日本人名大辞典>
<日本大百科全書など>


墓所

*墓石正面「木村駿吉墓」。墓石裏面に木村駿吉の名と没年月日。行年は73歳と刻む。妻は香芽子。右面は早死した長男、次男、85歳で亡くなった維子が刻む。墓所左側に墓誌があり、木村忠直のみが刻む。

*妻の木村香芽子は『結婚生活の回想』や『無電の父を語る』などの思想談、夫没後に発表している。香芽子の幼名はかめ子または亀子で、のちに表記を変更したという。娘は海軍中将で航空戦術の研究者で有名な桜井忠武に嫁ぐ。なお、桜井忠武の兄は陸軍少将の桜井忠温(8-1-15)である。


関連リンク:

内村鑑三松代松之助桜井忠温

電気通信大学:電気通信大学60年史、2-3 海軍も注目



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。