メイン » » » 池田武智
いけだ たけとも

池田武智

いけだ たけとも

1870(明治3)〜 1931.5.12(昭和6)

明治・大正期の通信技手、官吏

埋葬場所: 7区 1種 12側 45番

 1895(M28)蓄電器の需要が増大したため、蓄電器用パラフィン紙の雁皮紙の製造法を、松代松之助(2-1-7)とともにおこなう。 1899紙蓄電器の絶縁抵抗が歳月を経るに従い著しく低下する原因を特にパラフィンとの関係について研究し、この研究過程および絶縁低下を防御する方法を『電学誌』に報告した。 海軍の1899(M32)2月9日無線電信調査委員会を設置の際に、委員附嘱託通信技手として参加し、1902海軍式無線電信機の創成に成功した。
 なお、無線電信の研究をするにあたり、海軍は、1899(M32)2月9日無線電信調査委員会を設置した。 この組織の中心人物には多磨霊園に眠る人物も参加している。委員嘱託として松代松之助(2-1-7)通信技師、委員として木村駿吉(7-1-5-3)海軍教授、当時、電気試験所長をしていた浅野応輔(8-1-7-2)も多大なる貢献をした。 1901(M34)艦船間四十カイリ(七十四キロメートル)、陸上と艦船間七十カイリ(約百三十キロメートル)の通信成績を挙げて初期の研究は一応一段落を告げた。 これに使用した無線機は三四式無線電信機で、日本海海戦で名声を轟かせた三六式無線電信機の前身である。

<出典 電気通信大学60年史「2-3 海軍も注目」>


墓所

*墓所には和型二基。左側が「池田家之墓」、右側が「従四位 勲三等 池田武智 / 室 きぬ 之墓」。墓石左面に没年月日が刻む。墓誌もあるが、武智以降の遺族が刻む。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。