メイン » » » 尚 道子
しょう みちこ

尚 道子

しょう みちこ

1920.2.9(大正9)〜 2002.2.15(平成14)

昭和期の料理研究家

埋葬場所: 11区 1種 4側 22番

 「日本のカキ王」と称された宮城新昌の長女で、琉球最後の国王である尚泰の孫・尚明と婚姻。
 夫の尚明は、日本住宅公団の初代住宅計画部課長をつとめ、住宅に革命をもたらした、いわゆる「ダイニングキッチン」の導入を提案した人物である。
 尚道子はNHKの「きょうの料理」の講師を長くつとめた料理研究家であるが、お弁当で広く愛されているタコさんウインナーの考案者でもある。
 その次男の尚承は母の影響を強く受け料理人となり、母と同じく「きょうの料理」の講師をつとめるほか、NHKドラマの「ちゅらさん」の料理指導もおこなっている。
 なお「おいしゅうございます」で知られる岸朝子は実妹。またその母・ツルは同霊園に眠る親泊朝擢の長女にあたる。つまり親泊朝省や親泊朝晋は尚道子や岸朝子からは叔父ということになる。

<仲村顕様より情報・写真提供>


墓誌 (画像をクリックで拡大)


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・さ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。