メイン » » » 昇 曙夢
のぼり しょむ

昇 曙夢

のぼり しょむ

1878.7.17(明治11)〜 1958.11.22(昭和33)

明治・大正・昭和期のロシア文学者、
奄美諸島返還尽力者

埋葬場所: 11区 1種 7側

 鹿児島県奄美大島出身。本名・直隆。ロシア文学者の昇隆一は長男。
 1895(M28)鹿児島で高屋沖から正教教理を聞き受洗。翌年ニコティ正教神学校に入学、1903卒業と同時に同校講師、17(T6)陸軍士官学校教授、のち早大講師。新聞や雑誌に発表してきたロシア文学に関する評論・エッセーをまとめた『露西亜文学研究』(07)は、わが国でほとんど最初のまとまったロシア文学紹介の書となった。
 '28(S3)トルストイ生誕百年祭に招かれて訪ソ、帰国後、ソヴィエト文学。芸術紹介の一連のシリーズ書を出版。主な作品に処女翻訳集『白夜集』(08)に次いで、バリモント『夜の叫び』、ザイツェフ『静かな曙』などあり、当時最新鋭のロシア文学を収めた『六人集』(10)は爆発的人気をよび、当時の文学青年に大きな影響を与えた。その後もソログープ『奇の園』、クプリーン『決闘』、ソログープの戯曲『死の勝利』、アルソイバーシェフ『サーニン』など、今世紀初頭の作家を精力的に紹介、日本の作家に刺激を与える一方、『諸国現代の思潮』『露国及露国民』(18年)などでロシア社会と文学界の状況を伝えた。内田魯庵、二葉亭四迷についで本格的にロシア文学を紹介した功績は大きい。
 革命が起こると『露国革命と社会』で実情を報告、エレンブルグ『トラストD・E』、マヤコフスキー『ミステリア・ブッフ』など新しいソヴィエト文学を紹介した。第2次大戦後は、『ろしや更紗』『ろしや風土誌』などでロシア民族の風俗や習慣、民族的性格などを考察した。'46ニコライ露語学院院長就任。大著『ロシア・ソヴィエト文学史』(57)で、芸術院賞、読売文学賞受賞。
 奄美群島は戦後、沖縄と同じく、米軍の施政下におかれた。1953(S28)に日本復帰。2003(H15)11月4日で50周年を迎える。その復帰運動はエジプトのナセル大統領をして『奄美の復帰運動を見習え』と言わしめたくらい、一滴の血も流さず、平和的に民族独立を成し遂げた。その復帰運動の指導者が昇曙夢である。
 なお2003(H15)10月4日には奄美群島日本復帰50周年記念として、百名近くが昇曙夢が眠る墓所に集まり、墓参会が催された。その際に墓所内に「昇曙夢先生墓前祭」の木標碑が建立された。

<現代日本朝日人物事典>
<日本「キリスト教」総覧>
<五輪塔様より情報提供>


*新宿中村屋の相馬愛蔵・黒光夫妻(共に8-1-5-3)と昭和初期頃に親交し援助を受けていた。愛蔵の母校であった早稲田大学は中村屋から多額の寄付を得ており、黒光はロシア文学に興味を持ち早稲田大学のロシア語教授たちに師事していた。その教授の一人がロシア文学の権威である昇曙夢である。黒光から孫娘であり、インド独立の志士であるラス・ビハリ・ボース(1-1-6-12)の娘の哲との婚姻相手の相談をされたと思われる。後に哲(1-1-6-12)は昇曙夢の甥が樋口浩(1-1-6-12)と結婚することになった。なお黒光はロシア語を話せたことで、ロシアの放浪児ニンツァや盲詩人エロシェンコなどが中村屋に身を寄せるようになった。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・な行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。