メイン » » » 楠山正雄
くすやま まさお

楠山正雄

くすやま まさお

1884(明治17)〜 1950(昭和25)

大正・昭和期の児童文学者、演劇研究家

埋葬場所: 3区 1種 32側 17番

 島村抱月の下で「文芸百科全書」編集に従事、のち冨山房の雑誌「新日本」の編集に当たる。 1915(T4)から同社刊行の「規範家庭文庫」全24巻の編集を担当、同文庫中の「世界童話宝玉集」「日本童話宝玉集」などの執筆者として優れた才能を示したほか、児童文芸雑誌「赤い鳥」などに古典や昔話の再話を発表した。 26小川未明(小平霊園)らと童話作家協会を設立。演劇研究家としては母校で演劇を講じたほか文芸協会や芸術座に参加した。

<コンサイス日本人名事典>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。