メイン » » » 川合玉堂
かわい ぎょくどう

川合玉堂

かわい ぎょくどう

1873.11.24(明治6)〜 1957.6.30(昭和32)

明治・大正・昭和期の日本画家

埋葬場所: 2区 1種 13側 8番

 愛知県葉栗郡外割田村出身。川合勘七・かなの長男。本名は芳三郎。 長男の川合真一(同墓)は化学者・写真家、次男の川合修二(同墓)は画家。
 1887(M20)岐阜尋常小学校卒業後、9月に青木泉橋の紹介状をもって、京都の望月玉泉の門に入り、「玉舟」の号を与えられた。 1890勧業博覧会出品に当り、玉泉の玉と、外祖父竹堂の堂をとって、「玉堂」と改める。秋に幸野楳嶺の塾、大成義会に入る。 1893親戚の大洞家の次女富子と結婚。
 1896上京、橋本雅邦に入門。 1898日本美術院創立、雅邦に従ってこれに加わる。 1906五二共進会審査委員に任命され、翌年'07の東京勧業博覧会の審査官、文展審査委員を務めた。 また東京勧業博覧会出品の『二日月』で画名を高めた。'08師の橋本雅邦が没し、玉堂を中心に芸術を論じ、風流を楽しむ山水会が生まれた。 爾後30年続く。'10イタリア万国博覧会監査委員、'12(T1)日本画部第二科審査員、'14農商務省の大正博覧会審査委員を歴任。 '15〜'36東京美術学校教授を務めた。'16帝室技芸員を拝命。'19帝国美術院会員となる。 '22第一回朝鮮美術展覧会の審査員として京城に赴く。'24小堀鞆音(7-2-7-1)、下村観山(3-1-9-5)、山元春挙、竹内栖鳳、横山大観と6人の淡交会が生まれる。
 '28(S3)1月に昭和天皇御即位御大典用品として、悠紀地方風俗屏風の揮毫を拝命した。同年11月大礼記念章を授与。 '31フランス、レジョン・ドヌール勲章を拝受。'33ドイツ政府より赤十字第一等名誉章。'35帝国美術院会員。 '40(S15)代表作のひとつ「彩雨」を描き、同年第一回文化勲章を受章。'42俳句集「山笑集」刊行、木活和綴で俳句百句を収録。 '44歌集「若宮集」をつくり、'47から三年連続で「多摩の草屋」を刊行。'53ブリジストン美術館映画部により、映画「川合玉堂」を撮影、完成するが、病を得て年末は療養した。 '54病が回復し、俚謡「御岳杣唄」を作詞(作曲は古関裕而)。'55兼素洞の企画によって、大観・松、玉堂・竹、龍子・梅、三人展の松竹梅展を開く。 同年10月名誉都民に選出され、11月青梅名誉市民に推薦される。おだやかな感じをもった風景画にすぐれ、近代日本画のアカデミズムを築いた。 『行く春図』は重要文化財。その他に『幽谷の秋』『夕立前』『彩雨』などある。 '57心臓喘息をおこし、療養し一時快復に向うも、6月再び悪化し、逝去。享年84歳。没後、勲一等旭日大綬章。 '61没4年後、青梅市御岳に玉堂美術館が開館した。この美術館および庭園設計を吉田五十八(6-1-5)が監理した。

<コンサイス日本人名事典>
<玉堂美術館川合玉堂年譜>


墓 墓所


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。