メイン » » » 吉田五十八
よしだ いそや

吉田五十八

よしだ いそや

1894.12.19(明治27)〜 1974.3.24(昭和49)

大正・昭和期の建築家

埋葬場所: 6区 1種 5側

 太田胃散創始者の初代太田信義・銅子(共に同墓)の五男。父が58歳のときの子であったため、名前を五十八とした。 母方の実家の吉田道伯・縫(共に同墓)の養子となる。
 1923(T12)東京美術学校卒業し、建築事務所を開設。'25兄の二代目太田信義(同墓)の援助で欧米を視察し、翌年帰国。 '37(S12)初枝(1913〜1997.4.19 同墓)と結婚。'41東京美術学校講師となり、'46教授、'49東京美術学校が東京芸術大学に改称後も引き続き教授として教壇に立ち、多くの後進を育てた(のちに名誉教授)。 和風デザインをモダンに表現した数寄屋建築に独自の様式をみせ、その近代化につとめた。'54日本芸術院会員。 '64文化勲章受章(建築家としては伊東忠太に次ぎ2人目)。他に日本芸術院賞受賞、文化功労者。従三位、勲一等瑞宝章。
 主な建築は東京歌舞伎座(1950)、日本芸術院会館(1958)、五島美術館(1960)、川合玉堂美術館(1961)、成田山新勝寺本堂(1968)など多数あり、吉田茂邸や岸信介邸などの文化人の邸宅建築も多くある。なお、遺作はワシントンの日本大使公邸。
 没後に吉田五十八記念芸術振興財団により、建築部門・建築関連美術部門における優れた作品と製作者を表彰する吉田五十八賞ができたが、1993(H5)に第18回をもって終了した。

<コンサイス日本人名事典など>


*墓所は土饅型。左側に初代太田信義以降の太田家墓誌。右側には吉田家の墓誌が建つ。 初代太田信義には太田胃散創始者と刻む。吉田五十八は簡略歴が刻む。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・や行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。