メイン » » » 下村観山
しもむら かんざん

下村観山

しもむら かんざん

1873(明治6)〜 1930(昭和5)

明治・大正期の日本画家

埋葬場所: 3区 1種 9側 5番

 本名晴三郎。1881(M14)上京して狩野芳崖に師事。86橋本雅邦の門に入る。 89美術学校(現東京芸大)に入学、早くから身につけた古典の教養と卓抜な画技は、岡倉天心・雅邦の期待するところとなった。94卒業、同校助教授。98日本美術院創立に参加。 同年「闍維」、翌年「日蓮上人」を制作。1901再び美術学校教授となり、03〜05イギリス留学。07第1回文展に「木の間の秋」を出品。08教授辞任。14(T3)美術院再興に参画。 翌年院展に「弱法師」出品。17帝室技芸員。主な作品に、08「大原御幸絵巻」、10「魔障図」、22「天心先生」などがある。

<コンサイス日本人名事典>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・さ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。