メイン » » » 加島起巳
かじま たつみ

加島起巳

かじま たつみ

1892(明治25)〜 1943.5.7(昭和18)

大正・昭和期の陸軍軍人(少将)

埋葬場所: 23区 1種 26側

 茨城県出身。加島義敬・てつの長男。1916.5.26(T5)陸軍士官学校卒業(28期)。同期に池田顯亮(後に少将:13-1-26)、柏木東和(後に少将:19-1-13)、二見秋三郎(後に少将:4-2-新26)、同.12.26騎兵少尉に任官。軍歴を重ね、1941.7.1(S16)騎兵第15連隊長、同.10.15大佐に昇進し、太平洋戦争が勃発。
 '42.6.26騎兵第13連隊長(第14連隊を改編・初代の機動歩兵第3連隊長)に就任。中国戦線に出征。人員約1900名、戦車22輛、自動車(トラック)280輛を率いた「マルあ」(丸の中に「あ」の字を書く)部隊と呼ばれる戦車第3師団を率いた。 '42.12にマルあ部隊は編成を開始し、'43秋に完結したが、この間、'43.5.7戦死。没後一階級特進し少将を任ぜられる。従4位追贈。功3級。享年51歳。
 後任の吉松喜三大佐は京漢作戦(コ号作戦)では「焼くな・殺すな・犯すな」の規律が徹底され、更には洛陽などの古跡や名刹の保全にも特別の配慮をした戦い方をし、作戦が終わると「弔日支両軍戦歿勇士之霊 興亜祈念樹」という慰霊標をたて、その周囲に樹を植えるなどし「緑の連隊長」と呼ばれた。


*墓石は和型「陸軍少将 加島起巳墓」。書は陸軍大将土肥原賢二。右側に墓誌があり、戒名は大雄院殿誠光鐡心大居士。妻は眞佐子。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。