メイン » » » 舟橋聖一
ふなばし せいいち

舟橋聖一

ふなばし せいいち

1904(明治37)〜 1976(昭和51)

昭和期の小説家、劇作家

埋葬場所: 3区 2種 6側 3番

 東大在学中「朱門」同人となり、1925(T14)村山知義・河原崎長十郎らと劇団心座を結成。その後、明治大で教鞭をとる傍ら小説も書き始めた。 雑誌「行動」に加わり行動主義・能動精神運動を進め、34(S9)小説「ダイヴィング」を発表し、35「文学界」同人となり、38「木石」で文壇に認められた。
 戦後も旺盛な創作活動を示し、また日本文芸家協会理事として活躍。「悉皆屋康吉」(1945)、「雪夫人絵図」(48〜50)、「花の生涯」等が代表作として知られる。 評伝「岩野泡鳴伝」(38、全2巻)もある。67芸術院会員。相撲愛好家で69以来横綱審議委員会委員長。75文化功労者。

<コンサイス日本人名事典>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・は行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。