メイン » » » 福島茂富
ふくしま しげとみ

福島茂富

ふくしま しげとみ

1888.12(明治21)〜 1950.2.15(昭和25)

大正・昭和期の実業家

埋葬場所: 15区 1種 2側

 山梨県八代郡一宮村出身。一宮村長の須田耕の三男。旧姓は須田。1923(T12)福島家の養子となり家督を相続。資性剛邁にして自ら持するところ高く、若くして実業界に入る。
 大日本麦酒の前進でカブトビールで有名であったかぶと麦酒会社の社員となる。 同じ山梨県出身で鉄道王と異名をとった実業家の根津嘉一郎(15-1-2-10 初代)に見い出され、根津財閥の経営に携わる。 日本麦酒、日本土地証券、日本精機、武蔵野鉄道、日本観光、東宝映画、横山工業、富国徴兵(徴兵保険会社・富国徴兵保険)、大平生命などの重役を歴任した。 '34.9(S9)株式会社精養軒の社長に就任。傍ら、富国生命監査役、東海汽船および東海観光の取締役を兼ねた。 また、米国第八軍可令官の委嘱により、数多くの施設を経営し国際親善に貢献した。'50たまたま横浜に赴いた際に病を発し逝去。享年61歳。
 妻の静子は安房勝山藩最後の藩主で子爵の酒井忠美(4-1-21)の娘。

<墓誌碑など>


福島茂冨君之碑

*墓石正面には福島茂冨  室 静子  之墓」と刻む。墓所入口右側には「福島茂冨君之碑」が建つ。なお、根津嘉一郎の墓所は真裏である。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・は | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。