メイン » » » 福田徳三
ふくだ とくぞう

福田徳三

ふくだ とくぞう

1874(明治7)〜 1930(昭和5)

明治・大正期の経済学者

埋葬場所: 5区 1種 1側 6番

 東京高商(一橋大)卒業後、母校講師。1898(M31)より3年間ドイツに留学、プレンターノに師事、1900「日本経済史論」によるドクトルの称号をうける。帰国後教授、05法博。06慶応義塾教授、再び母校へ復帰。 18(T7)吉野作造(8-1-13-18)らと黎明会を組織、急進的雑誌「解放」の編集に従事、民本主義運動の指導者・自由主義者として多くの論説を発表。社会政策学会に属す。経済理論・経済史・社会政策・労働問題の研究に評価を得た。

<コンサイス日本人名事典>


墓所


関連リンク:

吉野作造

一橋新聞:キャンパスに埋もれる銅像



| メイン | 著名人リスト・は行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。