メイン » » » 岡野 馨
おかの かおる

岡野 馨

おかの かおる

1893.2.20(明治26)〜 1941.12.12(昭和16)

大正・昭和期の仏文学者

埋葬場所: 6区 1種 16側

 東京出身。父は俳人の岡野知十(同墓)。1915(T4)東京外語仏語科卒。「蛇の舌」同人。'21渡仏。 帰国後、陸軍大学教授を勤める。主要訳書にはユゴーの『ルイ・ブラス』(T14、近代社)『ヱルナニ』、アナトール=フランスの『タイス』(のち『女優タイス』と改題)『クレンクビイユ』、ミルボーの『小間使日記』(T14、春陽堂。のちに『小間使の日記』と改題)などがある。世田谷幸竜寺から改葬。

<日本近代文学大事典>
<MATSU様より情報提供>


石碑


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。