笑顔いっぱいの社会を

  公益社団法人  富山県善意銀行


 



facebook始めました


twitter始めました


Instagram始めました


富山県善意銀行からのお知らせ 



「第56回親切・善行感謝の集い」のお知らせ


 富山県善意銀行では、一人一人が小さな親切運動を行うことで、明るく住みよい社会になることを願って「親切・善行活動」を推進しています。

 その取組の一つとして、「第56回 親切・善行感謝の集い」を下記のとおり開催します。


          日時 令和2年2月24日(振休・月)午後1時30分より


        場所 富山県教育文化会館大ホール


        内容 

         第 1 部   (13:30〜14:10)

               ○ アトラクション

                     射水市立新湊小学校管楽器クラブの皆さんの演奏

         

         第 2  部    (14:25〜15:30)

               ○ 式  典

                   ・ 開式

                   ・ 式辞      富山県善意銀行理事長 河合 隆

                   ・ 顕彰状贈呈

                             各種団体推薦の部

                             県善銀推薦の部

                             親切運動推進協力委嘱校の部

                   ・ 祝辞

                             富山県議会議長 中川 忠昭 様

                             富山県知事  様

               (富山県厚生部参事・厚生企画課長 森田 真己様)

                             富山県をよくする会会長 金岡 純二 様

               (富山県をよくする会副会長 中西 彰 様)

                 ・ 閉式




【最近の活動より】       詳細はこのページを


生活保護家庭の小中学校新入学卒業の皆さんにギフトカードを贈りました。
 令和2年2月7日(金)
 全人学園 #新庄幼稚園 の年中さん42名が富山県善意銀行に預託金をもって訪ねてきてくださいました。(16名は乳児院を訪問しています)お店やさんごっこでの保護者の皆さんへ売り上げた大事なお金を持ってきてくれました。「何屋さんをしたの?」と聞くと、「パン屋さん」「お花屋さん」「たこ焼き屋さん」と元気な声がたくさん戻ってきました。楽しかった様子が伝わってきました。
  みんなで声を合わせてとっても上手に挨拶をしてくれました。二人の代表からいただいた皆さんの思いやりのお金を恵まれない人たちのために大切に使わせてもらいます。
 この活動は、20年以上続いており、園児の皆さんの思いやりが受け継がれていることに深く感謝します。


生活保護家庭の小中学校新入学卒業の皆さんにギフトカードを贈りました。
 令和2年2月7日(金)
 生活保護家庭と里親家庭でこのたび小学校入学、中学校入学、中学校卒業される方々にお祝い品としてギフトカードを贈呈しまました。入卒業に間に合うように、2月中に届けています。今年の生活保護の該当者は県内4市に19人(小学校入学:4人 中学校入学:8人 中学校卒業:7人)、里親家庭5人(小学校入学:2人 中学校入学:2人 中学校卒業:1)、計24人です。県民の皆様の温かい思いやりを届けることができました。
 本日、富山市の生活支援課長様に富山市の分を届けました。他3市は担当課に郵送し、そこから本人に配布してもらいます。
 子供たちが、新しい進路に向かって夢をもって旅立つための一助になればと思っています。


子ども食堂17箇所に寄付金を贈りました
 令和2年1月30日(木)
 #富山県善意銀行 では、子供たちに無料または低額で栄養のバランスの取れた食事や居場所作りをしている県内の「#子ども食堂」を支援するために、貸出(寄贈)を行いました。式では、河合理事長より、#富山県子どもほっとサロンネットワーク 会長 田辺惠子様に目録(17施設へ5万円ずつ)を贈呈しました。
 理事長の挨拶で「子ども食堂は、困難な環境の中生きる子どもや親への大きな支援となっている。県内の子ども食堂は、わずか4年間に19箇所にも増え、現実としての子どもの貧困問題を浮き彫りにしている。どの施設も運営費の確保に苦慮していると聞いている。県民からの資金援助が子ども食堂の運営の一助になってほしい」と述べました。
 #オタヤ子ども食堂田 辺様より「私たちが行っている「こども食堂」 で は 地域の子どもたちに温かい食事を提供することで、子どもたちの孤食を少しでもなくすこと 、子どもたちの居場所づくり、親同士の交流の場づくり 等 となるよう努力し ている 。 やりがいの ある活動だと言われますが逆で、 私たちが 来てくれている子供たち やお母さん方から大きな喜びを頂いている。 いただいた寄付金は、有効に活用し、子どもたちが喜んで 来てくれるような活動に役立てたい」との謝辞をいただきました。
 たくさんの子供たち、保護者の皆さんの笑顔が見られることを期待しています。


「富山県立雄峰高校 家庭クラブ」様(富山市)より預託をいただきました。
 令和2年1月23日(木)
 #富山県立雄峰高校 家庭クラブ様より、11月2・3日に同校で開催された文化祭で募った募金を本行に預託していただきました。来校者や生徒の皆さんの思いの詰まったお金です。社会福祉のために大切に使わせていただきます。
 本行に来てくれた3年生の生徒の皆さんは、就職や進学など4月からの進路が決まっているそうです。新しい世界に大きく羽ばたいて下さい。頑張ってください。


「越州」様(富山市)より記念品の腕時計をいただきました。
 令和2年1月21日(火)
 #越州 様より腕時計を19個いただきました。この腕時計は、29日に開催される「第69回#富山県をよくする会表彰」で19人の善行中学生に記念品として贈呈される品です。表彰者は、富山県中学校長会と特別支援学校長会から推薦された県内各地区で日々の家庭生活や学校生活を通して他人のために力を注いでいる善行をはじめ、奉仕活動や生徒会活動、部活動等に労をいとわず取り組み努力している生徒さん方が選ばれてきています。この栄えある表彰式で素晴らしい腕時計を受け取られ、自信をもって中学校を卒業し新しい世界に臨んでほしいと思います。
 毎年、越州様より贈呈していただいておりますこと深く感謝申し上げます。ありがとうございました。


 富山県善意銀行の活動





善意銀行からのお願い



【 入会・預託のお誘い案内 FDP 】