メイン » » » 若尾璋八
わかお しょうはち

若尾璋八

わかお しょうはち

1873.7.27(明治6)〜 1943.1.10(昭和18)

大正・昭和期の実業家、政治家

埋葬場所: 11区 1種 10側

 山梨県山梨郡下於曽村(甲州市)出身。広瀬久光の4男。旧姓は広瀬。実弟に陸軍中将の広瀬猛(11-1-8-8)がいる。1896(M29)若尾財閥の若尾民造の二女の清野(同墓)と結婚し婿養子となり、1917(T6)義兄の謹之助方より分家。若尾銀行で活躍した若尾金造(14-1-9)は義兄。
 1893(M26)東京法学院(中央大学)を卒業後、若尾銀行東京支配人となった。水戸瓦斯、日本化学工業(株)の重役に選任され、1911東京電燈に移り、常務取締役、'22(T11)副社長を経て、'26社長に就任。
 この間、'17.4.23(T6)第13回衆議院議員選挙に甲府市区より政友会から出馬し、衆議院議員に初当選。以降、'20.5.10第14回衆議院議員選挙、'24.5.12第15回衆議院議員選挙も連続当選。政友会総務、立憲政友会総裁、'24全院委員長を務めた。'26.12.28(S1)東京電燈社長就任に伴い辞任(議員在任9年4か月)。辞任後、'27.8.18(S2)貴族院議員に勅選され、'31.12.15犬養毅内閣の鉄道政務次官を任ぜられた。貴族院議員は逝去するまで在任した。
 議員辞任後、東京電燈の社長に専念。当時は、同業他社の東京電力参戦により電力戦が起こり、各方面への電力供給実績を双方伸ばしていた。このことで無理な事業の拡張や電力戦の過熱により電力料収入が低迷し、東京電燈・東京電力の両社の経営が悪化。両社に対して巨額の融資をしていた金融機関が危機感を抱く中、'27(S2)昭和金融恐慌が発生し、自身が頭取を務めていた若尾銀行('17〜)、若尾貯蓄銀行('19〜)が資金繰りにあい、他の金融機関も破たんや停滞、ついに、'28.4.1両社は合併することになった。東京電燈を存続会社とし東京電力は解散、璋八が社長を継続し、'30(S5)まで不況期の電力資本の中心で采配をふるった。
 議員・東京電燈社長を務める傍ら、'19富士製紙の監査役、'25東京株式取引所理事、'26信越電力社長、他に揖斐川電力、大同電力、東北電力などの取締役を務めた。また大三河鉄道、静岡電力、東京乗合、東京発電、京浜電力、三ツ引商事、三ツ引物産、三ツ引絹糸、東京商業銀行などで重役に挙げられ実業界の重鎮として活躍した。
 '28.11.10勲3等瑞宝章。'30(S5)一切の会社重役を辞任し、渡米し視察する。晩年は貴族院議員をしながら政友会顧問、大連中央土地株式会社社長を務めた。正5位。享年69歳。

<コンサイス日本人名事典>
<講談社日本人名大辞典など>


*墓石は和型「若尾家之墓」。裏面は「昭和十三年七月 若尾璋八 建之」と刻む。右側に墓誌がある。戒名は大智院殿機外玄璋居士。妻は清野(1878-1937.10.22 慈光院歡室妙喜大姉)。清野の父が若尾民造であり、璋八が婿養子となった。その清野が没した翌年にこの地に墓所を建之したことがわかる。

*璋八と清野の間には6男4女を儲ける。長男は立正興業、三引商事社長を務めた若尾鴻太郎(同墓)。二男の彰次郎は1歳で早死(同墓)。長女の富美は浅野財閥を築いた浅野総一郎の三男の浅野八郎(関東電工会長)に嫁いだ。二女の繁野は酒造家の辰馬利一の長男の力に嫁いだ。三女の勝世は森岡興業社長の森岡三郎に嫁いだ。三男の若尾謹吾(1906-1970.8.23 同墓)は有楽商事、三ツ引同族各社長を務めた。四男の光平は日本木槽木管社長の平沼久三郎の養子となり昭和工機社長を務めた。四女の経子は桜井孝友に嫁いだ。五男の若尾達郎は若尾民造三男で若尾財閥三代目当主の若尾謹之助の妻のハルの養子となり、同家四代目当主となった。六男の若尾民彌(1913-1998.1.3 同墓)は山市物産、山市商事各常務を務めた。


【若尾財閥】
 若尾逸平と弟の若尾幾造は横浜開港時に外国人相手に生糸の売り込み問屋で財を成し、京浜方面の銀行・企業の経営に参画する。 これにより、若尾財閥が築かれ、大きな勢力を持ったが、1913(T2)逸平が死去し求心性を喪失され、2代目の若尾民造も'17(T6)に死去したことで、人材の欠如を露呈した。 3代目の謹之助は義兄の若尾璋八の強引ともいえる事業経営展開に引きずられていった。 '27(S2)の金融恐慌(昭和恐慌)と東電問題により若尾銀行は破綻したのを機に、若尾財閥は崩壊していった。 なお、若尾逸平を含む代々の墓は甲府長禅寺にある。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・わ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。