メイン » » » 筑波藤麿
つくば ふじまろ

筑波藤麿

つくば ふじまろ

1905.2.25(明治38)〜 1978.3.20(昭和53)

昭和期の宮司、元皇族、侯爵

埋葬場所: 7区 1種 15側

 東京出身。父は山階宮菊麿王、母は菊麿王妃常子の第三王子として生まれる。皇族の息子はすべて軍人になるのが慣習であったが、藤麿は身体虚弱であったため、皇族として初めて兵役免除された。そのため歴史研究を志し、東京帝国大学国史学科に進学し、黒板勝美に師事。1927(S2)卒業し、東京代々木の自邸に筑波歴史研究室をつくる。国史関係の文献目録を集めた『国史学界』を発行。
 '28.7.20(S3) 願により臣籍降下が認められる。筑波の家名を賜り、従三位勲一等、侯爵に叙せられる。同.10 旧佐伯藩毛利家で父は子爵の毛利高範の娘の喜代子(同墓)と結婚。臣籍降下以降は侯爵議員として貴族院議員を務める(〜'47)。
 '46.1.25 靖国神社宮司に就任(〜'78.3.20在職中に逝去)。宮司在任中に、いわゆるA級戦犯合祀が討議された。合祀はするものの、時期については慎重に判断すると決まり、結局在任中には合祀しなかった。'65.7 鎮霊社を建立。社団法人日本シェパード犬登録協会会長などを務めた。正4位。享年73歳。
 筑波藤麿逝去に伴い、靖国神社第6代宮司となった松平永芳が、就任した年、'78.10.17 宮司預かりの保留であった極東国際軍事裁判(東京裁判)のA級戦犯14柱(靖国神社での呼称は昭和殉難者)の合祀を実行した。

<華族 歴史大事典>
<人事興信録など>


墓所

*墓所入口に石柱「筑波家墓所」、裏面「昭和六十三年三月吉日」。墓石は土饅型。左側(入口正面)に墓誌があり、筑波藤麿から刻む。「東京千代田区九段南にて逝去」と刻む。前妻は旧佐伯藩毛利家で父は子爵の毛利高範の娘、喜代子(S21.3.24歿 行年38才)、後妻は貞子(S48.10.1歿 行年66才 旧姓肥田)。同墓には長男で農学史学者の筑波常治、3男で11才で亡くなった常忠(S27.2.20歿)、当才で亡くなった4男の常高(S20.10.2歿)の名も刻む。墓誌の裏にもうひとつ墓誌が建ち、筑波裕美子(H27.12.23 行年63才 旧姓久保:和俊の妻)が刻む。

*筑波藤麿と喜代子の間に4男2女を儲けた。長男は農学史学者の筑波常治(同墓)。長女の幸子は山本英輔海軍大将の長男の山本光英に嫁ぐ。二女の登喜枝は旧平戸藩主の伯爵の松浦陞の4男の松浦擇に嫁ぐ。次男の筑波常遍(常秀)は勧修寺門跡、真言宗山階派大本山勧修寺第45代長吏。勧修寺門跡は藤麿の生家山階宮の初代晃親王もこの職に在った。3男の常忠は11才で逝去。4男の常高は当才で亡くなる。後妻の肥田貞子(1907-1973:肥田和三郎の娘:同墓)との間の子は筑波和俊(1949-)、宮内庁掌典を務めた。和俊の妻が裕美子(1952-2015.2.23 同墓)。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。