メイン » » » 鹿島萩麿
かしま はぎまろ

鹿島萩麿

かしま はぎまろ

1905(明治38)〜 1932(昭和7)

大正・昭和期の皇族、海軍少尉、伯爵

埋葬場所: 8区 1種 5側 5番

 山階宮菊麿王第四男子として生まれた皇族。皇族名は山階宮萩麿王。 皇族議員として大正15年4月ないし昭和3年7月。 請願によって臣籍に降下し、鹿島の家名を賜わり、1928(S3)伯爵を授爵された。 海軍に入り、海軍少尉の時に27歳という若さで戦死。後継ぎとして鹿児島島津家の出で、忠重二男の晃久(あきひさ)が養子となった。

<日本の名門1000家(新人物往来社)>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。