メイン » » » 高橋豊二
たかはし とよじ

高橋豊二

たかはし とよじ

1913(大正2)〜 1940.3.5(昭和15)

昭和期の五輪日本代表サッカー選手、海軍予備航空学生

埋葬場所: 9区 1種 1側

 東京成城出身。祖父は高橋是清(8-1-2-16)。実業家で子爵の高橋是賢・愛子(共に同墓)の次男。東京帝国大学でサッカー選手として活躍。チームメイトからは是清の孫であったので、愛称は「マゴ」であった。
 1936.1.29(S11)大日本蹴球協会は第11回ベルリンオリンピックからサッカーが正式競技として復活するためアジアから参加要請を受けたため、それに向けて代表選考会を行い25名の候補者を推薦し、豊二がFWとして選ばれた。 同年2.26事件が起こり是清が暗殺され、蹴球協会が一時混乱するも、豊二は日本代表最終選考16名にも残り、日本代表として選ばれた。 この代表選考は関西の大学からは一名も選出されず、日本統治下にあった朝鮮地方からはたった一名、強豪慶応大学からも一名であり、代表メンバーはほぼ早稲田大学(10名)という偏ったチームで、政治がらみや人種的偏見だと物議をかもし出した。 なお、豊二の東京帝国大学からは三名、他に東京高等師範から一名選ばれている。
 同年8月3日ベルリンオリンピックにおけるサッカー競技が開幕された。参加国は16ヶ国(アジアからは日本と中華民国)によるノックアウト方式のトーナメントである。 翌日、1回戦として日本対スウェーデンの試合がヘルタープラッツ・スタジアムにて開催された。日本はオリンピックのサッカー競技初参加国であり、対するスウェーデンはドイツ・イタリアと並ぶ優勝候補であった。 前半は0−2でスウェーデンが圧倒していたが、後半、日本チームのシュートパスを中心にした戦術が機能し始め、立て続けに3得点を取り、逆転勝ちをおさめた。 これは「ベルリンの奇跡」と称される。なお、豊二はスウェーデン戦では出場していない。次の準々決勝では今大会で金メダルを獲得するイタリアと対戦し、8−0で大敗するも、無名国日本チームはヨーロッパに大きな衝撃を与えた大会となった。
 その後の豊二は、東京帝国大学を卒業し、海軍航空学校の予備航空学生となる。'40館山航空隊で訓練中に殉職。享年26歳。戒名は翔翔院環山道豊居士。

<オリンピックの歴史など>


【ベルリンオリンピック日本代表メンバー】
鈴木重義(監督) 工藤孝一(コーチ) 竹腰重丸(コーチ) 小野卓爾(マネージャー)
ゴールキーパー :佐野理平(早稲田)、不破整(早稲田高)
フルバック :鈴木保男(早稲田)、竹内悌三(東大)、堀江忠男(早稲田)
ハーフバック:金容植(京城普成)、笹野積次(早稲田)、立原元夫(早稲田)、種田孝一(東大)
フォワード:右近徳太郎(慶應)、加茂健(早稲田)、加茂正五(早稲田)、川本泰三(早稲田)、高橋豊二(東大)、松永行(東京高等師範)、西邑昌一(早稲田)


*是賢の父の高橋是清の墓所(8区1種2側16番)は管理事務所で配られている案内でも有名であるが、高橋家先祖代々墓はここの9区1種1側の墓所である。 よって、墓誌には高橋是清の名も刻む。叔父の高橋是福の名は墓誌には刻まれていない。

*墓所内には大きな五輪塔が建ち、右側に墓誌がある。五輪塔の裏面には建之者として是賢の名前が刻み、子爵の字も刻む。 8区の高橋是清の墓と、9区の高橋家の墓の二ヶ所とも、兄の賢一が管理者となっていた(2000年前後の調査による)。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。