メイン » » » 鍋島直明
なべしま なおあきら

鍋島直明

なべしま なおあきら

1870.1.26(明治2.12.25)〜 1937.11.19(昭和12)

明治・大正・昭和期の旧佐賀藩家老、
男爵、陸軍少将、貴族院議員

埋葬場所: 12区 1種 10側 34番

 肥前国佐賀出身。本籍は佐賀県。佐賀鍋島家一門・2万石 の直系であり、1883(M16)藩主一門の白石鍋島家 鍋島直繊覆覆てる・同墓遺髪)の家督を継ぐ。1892.7.23陸軍士官学校卒業(3期)。翌年、陸軍騎兵少尉に任官。1897.10.27(M30)公家として男爵を叙爵した。
 近衛騎兵連隊中隊長、載仁親王付武官、'14.8.22(T3)騎兵第六連隊長、'16.8.18騎兵大佐に昇進し、竹田宮恒久王附武官となる。'19.2.25少将となり、同.7.25予備。
 '22.9(T11)から没する'37.11(S12)まで貴族院男爵議員(華族議員)となり公正会に属す。在職期間15年3か月務めた。正3位 勲2等 功4級。享年67歳。家督は鍋島直高(同墓)が継いだ。

<帝国陸軍将軍総覧>
<歴代閣僚と国会議員名鑑>
<日本の名門1000家など>


*墓石「鍋島家之墓」。左側に墓誌がある。墓誌の最初に「元肥前国白石領主鍋島直糎遺髪」と刻むことから、鍋島直舛惑鮴仗声劼麻られているが、この地には遺髪が納められている。 鍋島直明には「正三位 勲二等 功四級 男爵」と刻む。妻は絹子。直明の後を継いだ鍋島直高は昭和31年に没していることから華族令が廃止されたこともあり「従四位 元男爵」と刻む。 直高の妻の敬子は公爵の宮内顧問官である二条基弘の娘であり、平成9年に没し96歳の大往生。直高の後に家督を継いだ鍋島直康(なおよし)は学習院大学教授を務め、墓誌には「正五位 勲三等瑞宝章」と刻む。 直康の妻の竹子の父は西郷従徳(10-1-1-1)である。よって、直康にとって西郷従吾(10-1-1-1)は義兄、黒木家に養子に出た黒木従達(8-1-2-15)は義弟。その後は、鍋島直久が継いだ。 直久の妻は静子。なお、同墓には直康の長女でチェンバロ奏者である鍋島元子も眠る。


【鍋島家】
 明治維新後、鍋島直正は新政府の議定、開拓使長官などを歴任。鍋島家は、直正の嫡子の鍋島直大(なおひろ)が侯爵、小城鍋島家の鍋島直虎、蓮池鍋島家の鍋島直柔(なおとう)、鹿島鍋島家の鍋島直彬(なおよし)の三人が子爵、一門の鍋島直明、青森・広島県知事を歴任した鍋島幹、家老の鍋島茂昌(しげはる)が男爵に、それぞれ叙爵された。

<華族歴史大事典>


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・な行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。