メイン » » » 森 明
もり あきら

森 明

もり あきら

1888.5.12(明治22)〜 1925.3.6(大正14)

大正期のキリスト教学者、牧師

埋葬場所: 3区 1種 9側

 森有礼と岩倉具視の5女寛子の3男として生れる。学習院初等科に入学したが、持病の喘息のために退学して以後独学。 1903(M36)15歳のとき宣教師のF.ミュラー夫妻の導きによって入信を決意し、翌年、母と共に市ヶ谷〔池袋西〕教会で植村正久(1-1-1-8)から受洗。 '15(T4)中渋谷日本基督伝道教会を設立。'17按手礼を受け、中渋谷日本基督教会を設立した。 学生伝道に志を抱き'19帝国大学学生基督教共助会を発会し、東京帝大、京都帝大、旧制高等学校などの学生を対象として積極的な伝道を展開。 大正期の民主主義の流れの中で、個人の自覚と人格の改造の戦いを強く叫び、十字架のイエス・キリストに頼る贖罪愛の信仰に徹しようとしたところにその特色があった。 '24東京市内外学生連合礼拝を提案し、病気のために果たすことができなかったが、没した三ヵ月後、'25(T14)6月6日に内村鑑三(8-1-16-29)、高倉徳太郎を講演者として第一回の連合礼拝が実現した。『森明著作集』(54)がある。

<日本キリスト教歴史大事典>


もり あきら

*フランス文学者・哲学者の森有正(同墓)は長男。長女で有正の妹の関屋綾子は平和運動家で日本YWCA会長などを務めた人物である(2002.10.12没)。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。