メイン » » » 窪田静太郎
くぼた せいたろう

窪田静太郎

くぼた せいたろう

1865(慶応1)〜 1946(昭和21)

明治・大正・昭和期の内務官僚、社会事業家

埋葬場所: 8区 1種 1側

 岡山藩士窪田善之の長男。内務省で、1897(M30)伝染病予防法制定に尽力。98ベルギーのブリュッセルの万国衛生および人口会議の政府代表。 99「貧民救済制度意見」を著し、救済制度の重要性を訴えた。1900貧民研究会を組織。内務省衛生局長等をへて、08中央慈善協会設立に尽力した。

<コンサイス日本人名事典>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。