メイン » » » 神山 繁
こうやま しげる

神山 繁

こうやま しげる

1929.1.16(昭和4)〜 2017.1.3(平成29)

昭和・平成期の俳優

埋葬場所: 22区 1種 10側 10番

 広島県呉市出身。父は海軍大佐の神山徳平(同墓)。1945(S20)海軍経理学校を卒業(第38期)。戦後、山王ホテル勤務、進駐軍の通訳、航空会社勤務を経て、'52(S27)文学座に演出部研究生として入座。演出助手をつとめた後に俳優に転じる。同期に加藤武らがいた。
 '63杉村春子ら文学座幹部の運営に限界を感じていた芥川比呂志、小池朝雄、仲谷昇、山崎努、岸田今日子(18-1-10-1)、賀原夏子(2-1-13)、文野朋子(同墓)らと脱退して、現代演劇協会の劇団 雲 を結成。「黄金の国」「リア王」「アントニーとクレオパトラ」「コリオレイナス」「マクベス」など主にシェイクスピア劇に出演する。'75雲を解散後、芥川らと演劇集団 円 の創立に参加。「スカパン」「ペリクリーズ」などに出演。また「ママに捧げる鎮魂歌」「山の巨人たち」「ほんとうのハウンド警部」では演出を手掛けた。
 映画は、'53「にごりえ」(今井正監督)でデビュー。以後、日活アクション映画の悪役やクールで権力志向型の現代人といった役どころで活躍。'67「日本のいちばん長い日」(岡本喜八監督)や、'74「華麗なる一族」(山本薩夫監督)などの演技で高い評価を得た。映画「ブラック・レイン」(1989:リドリー・スコット監督)では英語力を買われ、高倉健演じる刑事の上司の大橋刑事部長役で出演した。他に「寒椿」('92:降旗康男監督)、「四十七人の刺客」('94:市川崑監督)、「沈まぬ太陽」(2009:若松節郎監督)など多数。2000(H12)自立したお年寄りたちが支え合って暮らすグループホームを描いた作品「ホーム・スイートホーム」(栗山富夫監督)に痴呆症状が現れ始めた元オペラ歌手の父親役で主演。晩年まで精力的に活動を続け、「踊る大捜査線」(本広克行監督)シリーズで吉田副総監役や、2012「アウトレイジ ビヨンド」(北野武監督)で花菱会会長の布施役に出演した。
 テレビでは、'62「おはなはん一代記」(NHK)で速水中尉役を皮切りに、NHK大河ドラマに9作品('65「太閤記」、'70「樅ノ木は残った」、'78「黄金の日日」、'80「獅子の時代」、'81「おんな太閤記」、'87「独眼竜正宗」、'90「翔ぶが如く」、2000「葵 徳川三代」、2009「天地人」)に出演。'65〜'71警備会社を舞台としたドラマ「ザ・ガードマン」は最高視聴率40%を超えたTBS系人気連続ドラマに出演。主演の宇津井健が演じるキャップこと、高倉隊長の警視庁時代からの盟友の榊隊員を演じた。他に「父母の誤算」「結婚の四季」「官僚たちの夏」「からたちの花、永遠に」「あぐら剣法無頼帖」「赤西蠣太」「憲法はまだか」「ビックマネー!」「CHANGE」など多数出演。2007「英語でしゃべらナイト」(NHK)では最高齢出演を果たした。遺作となったNHK朝ドラ「マッサン」(2014.9-2015.3)では、玉山鉄二が演じた主人公の故郷の寺の和尚を演じた。
 長身の知的二枚目として、また重厚な演技で、現代劇でも時代劇でも、エリート高官でも悪役でも、常に作品に重みを与えられる俳優だった。また、サントリーウイスキーのCMにも長く出演してお茶の間に親しまれた。オフィス佐々木所属。
 美術鑑賞や陶器収集の趣味が高じ、『呑んべえのうつわ』『喰いしん坊の うつわ』『物と遊ぶ』『佇む』『異国のひとびと』『旨い物たべあるき』『続 旨い物たべあるき』『住まう』を出版している。
 プライベートでは、'56文学座で共演していた女優の文野朋子(同墓)と結婚。夫婦共に文学座を脱退し、劇団雲で中心女優として活躍、その後の演劇集団円も共に歩んだ。しかし、'87.7.6公演中で倒れ息を引き取り死別。以後、しばらく仕事から離れていたが、'90(H2)仕事で訪れていた京都で後妻となる喜久と出会い、'92再婚。これを機に京都府右京区に移住した。
 2016.2間質性肺炎を発症のため1か月半入院。退院後は京都の自宅で療養を続けていた。2017元旦には元気に新年の挨拶を関係者に交わすほど元気であったが、3日に容体が急変。喜久夫人に看取られて息を引き取った。享年87歳。マスコミに発表された16日が米寿の誕生日だった。生前「たまに思い出してくれればいい。亡くなったら、ただのカルシウムだよ」と話し、「葬式無用、戒名不要」という神山流の美学から、葬儀・告別式は行わず、近親者のみで見送った。「お別れの会」なども故人の意向で一切行わなかった。

<日本芸能人名事典>
<テレビ・タレント人名事典>
<訃報記事など>


墓所

*墓石は和型「神山家之墓」。裏面「昭和十年十一月三十日建之」と刻む。右側に墓誌がある。俗名・没年月日・行年(88才)が刻む。前妻の文野朋子は「文野朋子(繁妻澄子)」と刻み、没年月日と行年が続けて刻む。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。