メイン » » » 国分青
こくぶ せいがい

国分青

こくぶ せいがい

1857.5.27(安政4)〜 1944.3.5(昭和19)

明治・大正・昭和期の漢詩人

埋葬場所: 13区 1種 50側

 陸奥国仙台(宮城)出身。仙台藩士の国分盛久の子。名は高胤。字は子美、通称は豁、号が青僉∧鵡罎望晶、金峡、太白山人。
 幼くして藩校養賢堂で漢学を国分松嶼に、国学を落合直亮に、詩を岡鹿門に学ぶ。 1878(M11)上京して、司法省法学校(第一期法学生)に入学するも、賄征伐事件に関連して、原敬、福本日南、加藤拓川、陸羯南と共に退学。高知新聞を経て、1889(M22)新聞「日本」入社。 漢詩で時事を諷し、雄大な格調等により評価をうける。明治政府の最高官である三条実美に日光の別荘に招かれ、『風雨観華厳瀑布歌』をつくり、新聞日本に掲載された。 1890森槐南(14-1-3-3)らと星社を結成し活躍。'23(T12)大東文化学院教授となり、傍雅文会などの詩社を指導。各詩社や雑誌「昭和詩文」「東華」などの顧問を務め、大正期の漢詩壇に君臨した。 岩溪裳川と共に二大詩宗と並称される。昭和期も引き続き昭和漢詩壇の中心人物としても活躍し、森槐南、本田種竹とともに三詩人と称された。
 1937(S12)帝国芸術院会員。著書に『詩董狐』(1897)。木下彪編集『青がい詩存』全20巻(2冊)(1975)が刊行された。享年88歳。妻は歌人で東京女学館教師を務めた国分操子(同墓)。孫に土木工学者の国分正胤(同墓)がいる。また、土屋竹雨(6-2-3)など多くの弟子を育てた。

<コンサイス日本人名事典など>


墓地 墓誌

*墓所内墓誌に下記が刻む。「この家系は國分五郎胤通に発する第十五世盛氏の舎弟國分盛基を遠祖とする。後に故ありて横澤と改姓するも明治初年に國分姓に復す。國分胤久嫡子高胤(号青僉飽聞澣錣鯏豕に移す。平成三年墓地環境整備により改葬す。」

*国分青僉国分操子、国分正胤らは、墓誌ではなく、墓石の裏面に刻む。なお、青僂亘槎召旅駟高胤として刻む。

*三条実美の弟の河鰭実文(21-1-10)は多磨霊園に眠る。

*国分青がいの「がい」は「崖」から「山」を除いた文字です。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。