メイン » » » 土屋竹雨
つちや ちくう

土屋竹雨

つちや ちくう

1887.4.10(明治24)〜 1958.11.5(昭和33)

大正・昭和期の漢詩人

埋葬場所: 6区 2種 3側

 庄内藩士土屋久国の長男として鶴岡に生まれる。名は久泰、字は子健、竹雨と号す。
 1906(M39)荘内中学校を卒業し、仙台第二高等学校を経て、1914(T3)東京帝大法学部を卒業する。その間、詩を大須賀軒、岩渓裳川に学び、卒業後は国分青僂乏悗屐 '23(T12)大東文化協会幹事となり、また田辺碧堂(7-1-2)、石田東陵、久保天随(11-1-3-3)らと忘年の交わりを結んだ。'28(S3)大倉喜七郎の後援で芸文杜を創設し、漢詩文雑誌『東華』を発行、'31大東文化学院講師、'35教授となる。 '45鶴岡に疎開してからは、郷里で漢詩の指導にあたった。'49芸術院会員、同年大東文化大学学長となった。国分青僂里△抜岨軛鼎梁莪貎夕圈'57古稀に当り、自選詩集『猗廬詩稿』二冊を刊行した。著名に『百家絶句』『原爆行』『水爆行』がある。病没。

<日本人名大事典>
<庄内人名事典>
<五輪塔様より情報提供>


*山形県鶴岡市に「土屋竹雨墓」がある。多磨霊園は土屋家之墓。右面に名前が刻む。戒名は芸文院泰山竹雨居士。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。