メイン » » » 清河純一
きよかわ じゅんいち

清河純一

きよかわ じゅんいち

1878.1.7(明治11)〜 1935.3.1(昭和10)

明治・大正期の海軍軍人(中将)

埋葬場所: 11区 1種 10側 12番

 鹿児島県出身。海兵26期 海大5期。
1898(M31)海兵卒業後、海軍少尉候補生として比叡乗組員となる。
'01三笠乗組の回航委員として英国出張。中尉となり翌年帰着。
'03大尉となり浅間分隊長となる。
'05日露戦争の日本海海戦では東郷平八郎(7-特-1-1)司令長官の下、第一艦隊参謀。
'07皇族附武官(博恭王附)、翌年遂行し英国出張、同年少佐。
'11皇族附武官(依仁親王附)、軍令部参謀。
'13(T2)中佐。
'14第二艦隊先任参謀、海大教官。
'17大佐、軍令部作戦課長。
'19出仕。
'20国連代表随員、その翌年にはワシントン会議随員となる。
'22少将、軍令部第一班長。
'23国連海軍代表。
'25出仕、海大教官。
'26.12.1中将、第五戦隊司令官。
'27(S2)12.1鎮海要港部司令官。
'29舞鶴要港部司令官。
'30出仕。
'31侍命、予備。功4級。

<日本海軍将官総覧>


*1905(M38)ロシアのバルチック艦隊と戦った日本海海戦では東郷平八郎司令長官の下、第一艦隊参謀として乗組活躍。 当時は海軍大尉であった。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。