メイン » » » 岸田 蓁
きしだ しげる

岸田 蓁

きしだ しげる

1892.2.1(明治25)〜 1964.10.12(昭和39)

大正・昭和期の茶人、劉生の妻

埋葬場所: 12区 1種 11側 11番

 学習院の漢学教授小林良四郎・シンの三女。
 東京府立第二高等女学校に在学中から、鏑木清方について日本画を習っており、1913(T2)3月第二回フュウザン会展を見に行ったことが縁となり、同年7月岸田劉生(同墓)と結婚。 しばらくは東京府下西大久保の蓁の実家の二階に住む。翌年4月10日長女麗子を生んだ。劉生のモデルを多くつとめ「画家の妻」「南瓜を持てる像」はいずれも蓁像である。 胸に手をあてた半身像なども、繰り返し描かれている。また茶道江戸千家渭白流を再興し、6代川上渭白となった。

<日本女性人名辞典>
<五輪塔様より情報提供>


*なお初代〜四代川上渭白の墓は台東区安立寺にある。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。