メイン » » » 狩野元吉
かのう げんきち

狩野元吉

かのう げんきち

1858.1.28(安政5)〜 1886.10.18(明治19)

維新期の自由民権運動家

埋葬場所: 8区 1種 13側 21番

 大館市出身。狩野良知(間斎)の長男。根本通明、箕作秋坪に学び、郵便報知記者。
 1879(M12)頃すでに秋田の民権論者と呼応して東京で活躍、1880第二回国会期成同盟会にも出席した。 また秋田の国会開設運動の組織である北羽連合会の建言委員、遠山角助が上京した際にもこれを補佐して活躍、 在京の県人活動家である大久保鉄作、小泉吉太郎らとも協力して嘱望されたが、29歳の若さで病死した。 島田三郎とも親交があった。

<秋田人名事典107頁>
<五輪塔様より情報提供>


墓地

*同墓には、父で秋田藩士・儒者の狩野良知(間斎)の墓を正面に、右側に狩野元吉の墓が建つ。 その間に碑が建つ。元吉の墓と向かい合って、弟で思想家の狩野亨吉の墓が建つ。 また、祖母の水子は歌人である。

*墓所中央に父の狩野良知の墓石、やや右後には母であり良知の妻の水野千代の墓、正面左側に弟の亨吉の墓石が建ち、 向き合わせに建っているのが元吉の墓石。墓域の右手奥に苔蒸して立つのが祖母の狩野水子(美津)の墓である。 なお、正面左側手前に狩野家代々の墓が建つ。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。