メイン » » » 植村俊平
うえむら しゅんぺい

植村俊平

うえむら しゅんぺい

1863.10.19(文久3)〜 1941.11.19(昭和16)

明治・大正期の大阪市長

埋葬場所: 2区 1種 12側

 成立学舎などを経て、1886(M19)東京帝国大学法学部を首席で卒業。翌年、助教授。英国へ遊学。1892代言人(弁護士)資格取得。 英吉利法律学校(中央大学)などで講義をする。その後、日本銀行文書局長、住友本店支配役、鉄道庁理事などを歴任。
 1909.12(M42)大阪市長を辞任した山下重威の次の市長の選考が難航し、辞任8ヶ月後、'10第4代大阪市長に任命された(1910.8.8〜1912.7.25)。 '11岩本栄之助の寄付によって中央公会堂を建設するにあたり、財団法人公会堂建設事務所をつくり理事長となった。
 得意の鉄道事業の知識をいかし市電の整備につくす。'12.1.16大阪南の大火が起き、4885戸焼失、死者4名、重軽傷者170名、火は12時間燃え続ける大惨事が起きた。 原因は風呂屋の煙突から出る火の粉が難波新地の遊郭の高楼を燃やしたことから発生した。 3年前にも北の大火があり、復興時に焼け跡に市電を敷いた経験があったため、今回も当初決まっていた計画を変更し、焼け跡に市電を通すことにした。 これに伴って、大正橋(道頓堀と木津川の合流部にかかる橋)が架橋されることとなった。 これに対して、近くの大阪瓦斯が九州から石炭を運ぶ機帆船が橋ができると通れなくなると反対を表明。 大阪瓦斯は親密であった大阪府知事の犬塚勝太郎を動かし、方針を変更させ、知事の具申により内務省は、新線案を不許可とした。 もともと府、市が協議し申請したものが、途中で府が態度を変えたことに対して、大正区民らの間で、大正橋期成同盟が作られ、植村市長をバックアップ。 府と市の対立に発展した。大正橋の上を通る市電の特許を国と府から保留され、植村は大阪市長を引責辞職する事となった(7.25)。 これを聞いた市民は激昂し市民大会を開き、瓦斯会社、府、内務省を激しく批判。市民も市会も植村の再任の要望を出すが、植村は固辞した。 結果、市民の怒りに府や国は折れて開通することとなった。'15大正橋は架設される。当時は2ヒンジ鋼アーチ橋で、支間長が91.4m、当時としては日本一長いアーチ橋であった。
 市長辞職後は、'13(T2)大阪株式会社所理事長、'16王子電気軌道社長に就任した。享年78歳。

<大阪市の歴史など>
<森光俊様より情報提供>


*多磨霊園に眠る大阪市長経験者は第8代大阪市長(1935.2.12〜1936.7.20)加々美武夫(12-1-17)がいる。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。