Time Tripper by Koji Yamamoto (Japanese only)

[ トップ ] [ はじめに ] [ 構造の解説 ] [ 注意事項 ] [ 購入方法 ] [ Q&A ] [ リンク ] [Home Page ]


Time Tripper's Clockの構造の解説

フレーム

今回フレームは骨のような形にしています。 通常はほこり等がかからないように箱に納めたりしますが、 歯車の形や動きが見えるようにこのような骨組みだけのフレームにしました。 フレームはこれらの部品をカンザシで接合します。 ここがこの時計の一番の見せ場でもありますので・・・ センターボーンは全ての歯車を支えますので、正確さが要求されます。 また、約2kgの重りを支える必要があるので、一枚板から切り出しています。 センターボーンの写真の手前中央に穴がありますが、ここから重りを吊る紐を出します。 シンプルですが、構造上非常に丈夫です。 各足は、時計を壁に掛けるとき、振り子の隙間を考慮する必要があります。 問題はデザイン性でしょう。 腕時計ですら星の数ほどのデザインが存在しますので、 色々な形が考えられると思います。 今回は、「誕生」の意味を込めて「たまご」の中で鼓動が動いているイメージにしてみました。 「たまご」には見えにくいですが・・・


戻る