メイン » » » 横河時介
よこかわ ときすけ

横河時介

よこかわ ときすけ

1896.4.9(明治29)〜 1974.8.23(昭和49)

大正・昭和期の実業家(横河電気)

埋葬場所: 9区 1種 4側 4番

 横河民輔、下枝の長男として東京に生る。1922(T11)アメリカ・コーネル大学建築科卒業。 翌年、横河工務所建築技師となり、1938(S13)横河橋梁製作所社長に就任した。 1940からは横河電機製作所社長をも兼任(1960会長、1966相談役に各就任)、同社専任のため1947横河橋梁社長を辞したが、1950から再び兼任した。 以後、総合建設業に進出を図るべく1963横河工事を設立、また新工場増設、機構改革、陣容の刷新を図るなど社業の伸展に尽力した。

<日本人名大事典 現代>
<五輪塔様より情報提供>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・や行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。